フィリピンが恋しい

シパダン・マブールのダイビングが予想以上に拍子抜けだったので、フィリピンが恋しくなってきました。行けば写真をわんさか撮れることが解っているので。もっとも小物ばっかりだけど私にはそれで十分。

アニラオのピグミーシーホース
フィリピン、アニラオのピグミーシーホース

折しも今のフィリピンは多くの観光客を欲しています。ボホール地震でセブへの観光客が減ってた上に台風30号の襲来。幸いマニラやセブ島(北部以外の)は無事なわけだから、お金を落としに行きたいですよね。

本当はレイテ島に行ってあげたいけど、壊滅したタクロバン空港はいまだ特別便しか発着できないそうな。まあ滑走路は整備できても管制塔とターミナルの商業運用業務はそうそう復旧できませんよね。

とはいえ私はダイビング予算が尽きて今はお金ありません。シパダンのツアー代金もまだ引き落とされていないし。 cebpacificair

さて、来春にはLCCのセブパシフィック航空が成田および中部に就航します。ただしセブ便ではなくマニラ便ですが、アニラオに潜りに行かれますね。

差し当たり成田11:45発(マニラ15:45着)は現在のフィリピン航空の成田09:30発よりも朝が楽です。まあ、フィリピン航空にも再来週から15:55発(マニラ19:55着)および19:00発(23:00着)の2便が増えますが、アニラオのリゾートまで2時間半かかることを考えると、あまり有利ではありません。

ただし復路のセブパシフィック航空はマニラ05:25発(成田10:35着)と微妙。リゾートを零時台に出ないといけないし、厳密にいくなら前日は午前でダイビングを終えないと。

これがフィリピン航空ならマニラ09:45(成田14:55着)、同じく12:50(18:00)と15:00(20:10)の三便。

うん、時間の面では行きはセブパシフィック航空、帰りはフィリピン航空の第2便か第3便で往復するのが良さそうです。価格面がどうなるかはこれから確かめます。

でも、いつになったら行かれるだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください