NEO MONEYはもっと使えるかも

NEO MONEYカード関連記事:NEO MONEYは便利でもお得でもなかった

昨日、MoneyT Globalは使えるかもと書いたものの、多少の難点はあります。

そしてあるときこのblog広告欄に『NEO MONEY』なる類似サービスが表示されました。

「既にMoneyT Globalを持ってるからなぁ…」と思っていたものの、何気に調べてみたら、利用方法は同じだけどMoneyT Globalよりも便利そうですね。

両者を比較するとこんな感じ。

  MoneyT Global NEO MONEY
入会金 なし なし
年会費 なし なし
入金手数料 なし なし
為替手数料 4% 5%
引出手数料 200円 200円
海外ATM残高照会手数料 100円 200円
払戻手数料 525円 525円
引き出し可能ATM Viza/PLUS Viza/PLUS
入金方法 口座振り込み 口座振り込み/ATMチャージ
口座管理費 157円/月( なし
運営会社 JTB クレディセゾン

※ 連続する12ヶ月間に利用がない場合に発生

この通り、為替手数料および海外のATMで残高照会時の手数料はMoneyT Globalの方が安いものの、1年以上使わないと毎月157円が引かれていきます。そしてMoneyT Globalを使うためには海外旅行に行かなければならないわけです。辺鄙なリゾート地では良いタイミングで引き出せるか解らないし、こういう脅迫的な条件はちょっと…。

ああ、MoneyT Globalの運営会社はJTBだった。日本交通公社ってやつです。きっと高コストなお役所体質なのでしょう。

そういや一昨年にサウスレイテに行ったときは震災の一週間後でリムジンバス路線が復旧しておらず、事前にローソンで予約購入したチケットが使えなくなりました。販売会社のJTBに払い戻しを求めると「チケットを郵送で送ってよこせば返金してやる」という返事。運行自体がなくなったのだから、速やかにクレジットカードの支払い請求をキャンセルしてくれればいいものを、こちらに郵送の手間ひまとコストを掛けさせるというダメっぷり。泣き寝入りを期待しているのでしょうかね。

うん、JTBは信用ならない会社だってことを思い出しました。少なくとも顧客目線には欠けています。だから「口座管理費を毎月発生させる」ということも思いつくんだろうな。

一方のNEO MONEYの運営会社はクレディセゾン。手数料が微妙に高いけど、口座管理費はないので海外旅行の予定がなくとも持っていて安心です。

それと、MoneyT Globalの入金は口座振り込みだけですが、NEO MONEYの方はセブンイレブンかセゾンのATMでもチャージできます。この点はちょっと嬉しいです。ATMからの振り込みはともかく、オンラインバンキングって乱数表が必要だったりと意外に面倒だったりするし。

てなわけで、NEO MONEYカードに乗り換えるべく、やっぱMoneyT Globalはさっさと解約しようかな。

関連記事:NEO MONEYは便利でもお得でもなかった

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください