海の中で「美味しそう」

ダイビング業界の重鎮だった舘石昭さんが亡くなられました。享年82。彼がスキューバダイビングの楽しみを「獲る」から「撮る」に替えたことで今日の楽しい業界があります。ご冥福をお祈りします。

さて、その舘石さんが創刊した月刊マリンダイビング誌のWebサイトMarin Webに「続・まだまだびっくり!外国人ダイバー」というページが載りました。本誌に載せきれなかった分のようです。

私が気に入ったのはイタリア人ダイバーのエピソード。水中でイソマグロなどを見て人さし指で自分のえくぼを指すという件。ほっぺをグリグリやる「buono!(ブォーノ)」のサインですね。日本語訳だと「上等」でしょうか。イソマグロはプリっとした見た目とは裏腹にあんまり美味しくない魚だとも聞きますが…。

私だとbuonoは伊勢エビやハタの類いでしょうかね。キビナゴやシャコも捨てがたいなぁ。

ゴシキエビ
ブォーノなゴシキエビ
イセエビ
ブォーノなイセエビ

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください