ONE PIECEを半自炊

前回、電子書籍版のコンテンツは買わない方がいいと書きました。将来、読み返そうにも業者がサービスを停止していたら読めなくなるので。

とは言え現時点で既に67巻もあるONE PIECE。紙の単行本を買い揃えると本棚を目一杯占有するので、できれば1枚のiPadの中に収めてしまいたいところです。

ならば、現時点で最も有効な手段は自炊。紙の本をスキャンしPDF化しておけば未来永劫閲覧環境に困ることもないでしょう。

ただし、それには裁断機とドキュメントスキャナが必要です。それぞれ定番の新品を買えば計5〜7万円ぐらい。そこそこ大きな出費額になります。単行本も新品で大人買いすれば10万円コースです。

というわけで、もっとリーズナブルな方法を考えました。手順は以下の通り。

  1. 電子書籍版のコンテンツを購入
  2. コンテンツをiPadの対応アプリで表示
  3. ページをめくりながら全ページのスクリーンショットを撮影
  4. 画像一式をパソコンに転送
  5. Photoshopで余白をトリミング
  6. AcrobatでPDFにまとめる

名付けて「半自炊」。通常の自炊は食材の下ごしらえ(本の裁断)から始めるところを、既に下処理(スキャン)された具材を調理する感じなので。こうしてPDF化しておけば、以後はユーザー認証も要りません。好きなPDFビューワーで読めます。

1巻あたり約200ページのスクリーンショットを撮るのはけっこう面倒ですが、自炊の場合でも裁断角度や読み込み角度がずれたり、複数枚原稿の紙送り(スキャン漏れ)、ドキュメントスキャナ内で原稿がジャムるなどの不具合が多々起こり得るので、一概に大変な作業とも言いきれません。

また、見開き状態でスクリーンショットを撮れば手間は半分ですみます。RetinaディスプレイのiPadなら見開きでも十分な解像度が得られます。トリミング作業もPhotoshopのアクション機能でバッチ処理させれば数分待つだけで余計な手間もありません。1巻30分もあればPDF化できそう。だったら暇をみて半自炊しておく価値はあるでしょう。

注意事項としてはあらかじめiPadのフォトストリームをオフにしておくこと。じゃないとスクリーンショットを撮っている最中にiCloudに転送が発生してiPadの動作が緩慢になってしまうので。

もちろん作成したPDFを外部に流通させるのは御法度。摘発されれば個人では払えないほどの額の損害賠償請求を喰らい兼ねません。

ちなみに、現状ONE PIECEの電子書籍版はYahoo!ブックストアとBookLive(& GALAPAGOS STORE)が取り扱っています。前者は単色で66巻まで刊行済みで378円/巻。後者は着色されたものが12巻まで刊行済みで473円(100ポイントバック)/巻。

どちらを選ぶかは好き好きですが、私ならYahoo!ブックストアですね。着色されているBookLiveの方が見栄えは良いものの、その分電子書籍化に余計な工数がかかっています。後発なので差別化のためにそうしたのでしょうが、現状12巻までしか刊行できていないし、いつまでに何巻まで出揃うかも不明です。

GALAPAGOSにいたっては母体のSHARPの先行きが怪しくなっています。外部からの資本注入がなされたら、この事業は続けられなくなる可能性も大いにありましょう。

おまけにBookLiveのiPad版アプリは少なくとも私のiPadではろくに起動しません。10回中9回は最初のページめくりのタイミングで落ちます。稀に成功するのが不思議ですが…。

その点、Yahoo!ブックストアのアプリの方は安定して動作します。ユーザー認証を頻繁に求めてくる煩わしさと誤操作が起こりやすいUIの出来の悪さが難点ですが、いったんPDF化してしまえば解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください