帰国

帰国日のスピードボートの出発は11:30。リゾートでは10:30頃に軽食が出ました。道中、16:30発の羽田行きの飛行機の機内食まで食事にありつくタイミングがありませんしね。

軽食
この通りの軽食だけど2時間前には朝食をたっぷり食べてるので十分かな

マブール島→センポルナ→タワウ空港→コタキナバル空港と来たときの逆を辿り羽田へ。途中、タワウ→コタキナバルの国内線が若干遅れたものの、羽田には予定通り23:00に到着。

キナバル山
キナバル山

昨年はコタキナバル→羽田便の初フライトだったため、式典やら何やらが執り行われていて手荷物検査も無かったのですが、今回コタキナバル空港では手荷物検査が2回ありました。出国手続きの直後と搭乗の直前です。マレーシアは麻薬系の取り締まりが一際厳しい国ですしね。

機内食はこちら。

マレーシア航空の機内食(2011年11月23日)
マレーシア航空の機内食(2011年11月23日) この容器なので茶そばのワサビは注意しないとむせます

なお、帰りのシートは12列のFでした。12列と14列は非常口に面しているため前のシートとの距離が大きく空いているラッキーゾーン。窓際席からもトイレに行きやすくていいですね。

ただし、前列シートのトレーはガッチリ固定されていて使えず、替わりに自席の袖からあの頼りない折り畳みのトレーを展開して使うことになるので、飛行機が揺れると機内食やワインをこぼしそうになります。それと、タッチパネル式の液晶モニタへの距離が遠のくので、ちょっと大きな動作が必要になってしまいますね。足下に荷物も置けないし。広さの代わりに不便なこともありました。

それとラッキーシートの窓際席の斜め前方には緊急時にハッチを開けるためのレバーが設けられています。もちろんみだりに弄ってはいけないものですが、この位置だともし飛行機が大きく揺れたらうっかり掴んで引っ張ってしまいそうな…。

緊急時ハッチ解法レバー
このレバー、ちょうど自動車のドア上のハンドルのような位置にあって

それと飛行機が羽田に到着してから手荷物を受け取って到着ロビーに出るまで40分ほどかかりました。私の自宅最寄り駅までの終電は23:11。欲を言えばタワウ→コタキナバル→羽田の便がもう1時間ずつ早くなってくれると嬉しいのですが、無理でしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください