Nikon D7000用水中ハウジングの続報

今年のDEMAショーの出展は小粒、目新しい新製品が少なかったという印象なのですが、ここに来てNikon D7000用水中ハウジングの情報が続々と掲載されるようになりました。

まずはNauticamから。

Nauticam D7000ハウジング(前面)

Nauticam D7000ハウジング(背面)

DEMAショーでも展示されていたようですし、 この通り、プロトタイプは既に完成しているみたいです。前々作のCanon EOS Kiss X4と同様、バッチン錠なしの最新設計ですね。設計的には文句なし。ボディ+ハンドルのみで30万円くらいかな。

余談ですが、D7000用がこんなに早く形になったということは、発売が半年も遅れたSONY NEX-5用の時は、まともな対応レンズがなくて発売できずにいたのかもしれません。苦肉の策でニコノスレンズを引っ張り出してきて、なんとか体裁を取り繕って発売にこぎ着けたとか…。

次にIKELITE。

IKELITE D7000ハウジング(前面)

IKELITE D7000ハウジング(背面)

相変わらず大振りの箱のポリカーボネイト仕様ですね。60m耐圧で$1,500というと約126,000円ですか。多分Nauticamの半額ぐらい。国内の代理店が現れ、メンテナンス体制を整えて輸入販売してくれるようになれば、選択肢に入れても良いかもしれません。

そうそう、先月カパライでIKELITE製ハウジングの実物(もちろん別機種用の)を初めて見ました。あいにくゲストは多国籍で誰の持ち物かも解らなかったのですが、IKELITEは米国のメーカーなので米国圏などではポピュラーなメーカーなのでしょうね。

そしてAquatica。

Aquatica(前面)

Aquatica(背面)

価格は$2,499。水深130m(!)までOKという触れ込みですが、我々日本人にはIKELITE以上に馴染みのないメーカーなので、ハウジングの使い勝手は未知数。購入の選択肢に入れていいかどうかは、やはり国内代理店とサポート体制次第でしょうね。

私は今後も日本在住のはずなので、今のところNauticam以外に有力な選択肢はない感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください