凄い時代になったものだ

私も愛用しているNauticamから凄いハウジングが発表されました。Panasonic LX-100用です。Fisheyeのページにも掲載されていますね。

NAUTICAM NA-LX100

LX-100は4/3インチという大型センサーを搭載し、4K動画も撮れる最強クラスのコンデジ。そしてそのハウジングも最強の仕様で登場しました。筐体左側のマニュアルフォーカス用ダイヤルは使いやすそうですね。

そして何よりも画期的なのはレンズポート交換式であること。コンデジ向けハウジングとしては初でしょう。正確にはレンズポートの筒部分はハウジング筐体に一体成型されていて、前面パーツをスタンダード(フラット)・ショート・ドームのどれかに交換できる仕組みです。

NA-LX100 レンズポート

従来のハウジングで魚眼の絵を撮る際には、ハウジング本来のレンズポートとドームポートの二重構成になるため明るさは微妙に損なわれ、画質もいくらかは劣化します。でもこのハウジングなら1枚なので有利です。

差し当たりスタンダードポートとドームポートは中層の動画撮影に、ショートポートはマクロ撮影に向いていそうです。でもそれは一般論で、ワイドマクロなど創意工夫の余地も大。一台のコンデジで様々な撮影シーンに対応できます。

撮影動画はこちら。フラットポート利用かな。

また、こちらのオプションを使えばスタンダードポート利用時にいつでもマクロコンバージョンレンズを装着できます。

25107 M67 Flip Diopter Holder for NA-LX100 Standard Port

これならフラットポートの画角を損なわず、マクロレンズを一瞬で着脱可能です。素晴らしい。

ハウジング(ワイドポート仕様)の価格は¥158,000。カメラの実売価格が9万円前後だから、一眼レフ用のハウジング代以内でカメラとハウジングが揃いますね。良いんじゃないでしょうか。私も本格的なビデオ撮影をしたくなれば買いたいところです。

“凄い時代になったものだ” への1件の返信

  1. いつ出るかな、と思ってましたが遂に来ましたか。
    明るいレンズ、4/3センサー、近接撮影に強い、4K動画と本当に死角のないコンデジですよね。
    店頭で触りましたが、コントラストAF機の中ではずば抜けてAF速かったです。

    にしても、見れば見るほど使いやすそうなハウジングですね。
    左上のレバーはシャッターボタンでしょうか。本体との一体感が素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください