フィリピンEXPO 2020 in 新小岩公園

昨日、フィリピンEXPO 2020に行ってきました。

イベントは明日までだけど今日は台風の影響でクローズかも。台風のコースは次第に太平洋側に反れそうだけど雨風は強まるはずだから。そして明日は天気が回復するも足元がぐちゃぐちゃかな…。

このイベント、去年は上野公園だったけど、今年の会場は新小岩公園。唯一の入り口テントでCOCOAアプリの表示を求められるけど、脇道もあってそちらはノーチェック。そこもフィリピンっぽいな。

ちなみに昨日はステージプログラムなし。雨の中、土日に向けたリハーサルをやっていました。今日、ちゃんと開催できればいいけど。

フィリピンEXPO 2020のステージ
この日はステージプログラムなし。

会場の出店は小ぢんまりで来場者もちらほら。例年ならフィリピン人がわんさか集まるのだけど、ナチュラルなソーシャルディスタンス状態でした。まあ仕方ないけど。

で、現地で食べたのがTAMBAYANというお店のロミラーメン、Pancit Romi(500円)。私は今回が初めてです。

ロミラーメン(Pancit Romi)
ちゃんと名付けるなら、ラーメンではなく「フィリピンうどん」ですね。

店員が「うどんみたいだけど、うどんよりおいしいよ」と言うので試してみたのだけど、確かにうどんでした。それも博多うどんや伊勢うどんのようなコシのないフニャフニャのやつです。それが肉系のスープに蒲鉾やチキンなどの具と共に浸っています。

味は好き好きだろうけどとても美味、私は気に入りました。いつかまた見かけたら注文するでしょう。どうやらバタンガスあたりの料理らしいので、アニラオにまた行く機会があれば探してみようかな。

なお、メニューにはBALOTも載っていたけど一個350円、本国の10倍みたいなお値段なので、もちろんパスです。きっと鮮度も良くないだろうし。

レストラン系は5、6軒ぐらいあったかと。内3店は例によって話しかけないと出し物がわからない感じ。そこはフィリピンですね。現地のレストランでは良くあります。メニューに書いてあるからオーダーしたら「Not available」と言われるという。

なお、とあるお店では焼きティラピアとティラピアのスープ煮が売ってました。

焼きティラビアとティラビアのスープ煮
焼きティラビアとティラビアのスープ煮は共に1,000円。

ティラピアといえば上皇陛下がかつてタイの食糧事情を改善すべく、養殖をお勧めしたという魚。フィリピンでもたくさん獲れるのでしょう。

あとは特に見所もなかったので、Sisigを2種類とDinuguanをテイクアウトしました。

Sisig x 2 & Dinuguan
左上の黒いやつがDinuguan、右の二つが別々のお店のSisigです。

Sisigって美味いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください