コナミとハイパーの差はお風呂だけ?

緊急事態宣言明けの今月からコナミスポーツ新百合ヶ丘ではなくハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘に通うことにしました。一番の理由は会費。何しろ月額6千円安いので。年間だと72,000円も違ってきます。

で、ハイパーを一週間あまり使ってみた結果、一つの結論に達しました。「6千円はお風呂の充実ぶりの差だな」と。

ハイパーのプールは使っていないし、スタジオプログラムにもまだ参加していないのだけど、ハイパーにもスタジオは二つあるし、プログラムはそれなりに充実しているように思えます。筋トレマシンはコナミよりも種類が多いくらいです。他にも、壁のスクリーンに映像を投影しながら行うエアロバイクのグループアクティビティー(稼働しているところはまだ見ていないけど)のように、コナミにはないエクササイズもあるみたい。

よって一番の違いはお風呂。これだけは温泉施設っぽいコナミ新百合にはどうにも敵いません。敷地にして1/5以下でしょうかね。ハイパーのドライサウナはMAX7人でテレビはないし、唯一のバスタブは一度に3〜4人しか入れない感じです。もちろん露天風呂やミストサウナはありません。でも、逆に言うとお風呂に長居する人もいません。お風呂目的の会員は存在しないでしょう。

ハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘の浴室
ハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘の浴室は本当にこんな感じです。洗い場はシャワーを合わせて12人分ぐらい。浴槽は足を伸ばして入れるのが一人か二人ですね。

従って、法人会員ではなく、お風呂重視でもない人はハイパーの方がコスパが良く、向いていると思います。まあ、そう言ってあんまり移籍してこられても混むので困るけど。

私の感覚だと、かつてのコナミスポーツ多摩センター(グレードはⅡだったかな)よりも何かと充実しているので満足できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください