ハイパーフィットネスクラブの印象

緊急事態宣言明けを機にコナミスポーツ新百合ヶ丘からハイパーフィットネスクラブ新百合ヶ丘に移籍しました。

今の感想は「もっと早く乗り換えときゃ良かった」です。もちろんカテゴリⅣのコナミに比べればハイパーは全体的にコンパクトなのだけど、必要なものは一通り揃っている上、コナミでは見かけない筋トレマシンも結構あります。背中とか腹筋とかの。

ダンベルはMAX32kg。私には十分です。

レッグプレスマシンの最大重量も約180kg。これでも私にはまだ物足りないけど、コナミ新百合のマシンは最大100kgちょっとなので改善されます。

そしてコナミ新百合はスミスマシンが1台だけど、ハイパーにはスミス1台に加えてパワーラックが2台。だったらトレーニングの選択肢が広がりますよね。

ハイパーフィットネスクラブのフリーウエイトエリア拡大の広告
そうか、パワーラックとケーブルマシンは自粛閉館の少し前に導入されたばかりなのですね。移籍するにはちょうどいいタイミングだったかも

ちなみにスミスマシンやパワーラック、ケーブルマシンは一人1回20分まで。ホワイトボードに名前を記入するシステムです。その点が緩いコナミでは常連がフリーウェイトコーナーを占有したまま長々と仲間と話し込んでいたりもするけど、ハイパーにはそんな光景はまだ見られません。

そう、何というか、コナミには「運動がてら仲間と交流」って人が多いのに対し、ハイパーには「運動自体が主目的」という人が多そうな気がします。まあ、コナミは大浴場施設的な側面もあるし。

どちらがいいかは人それぞれだけど、私にはハイパーの方が向いている気がしています。