ラジオクラウドの裏技を発見

ラジオクラウドアプリは困ったことに番組の再生前に毎回CMやジングルの動画をダウンロードしにいきます。

ラジオクラウド

さすがに最近ではCMは流れないけど、5秒くらいのジングルが必ず流れます。そのためLTEの通信枠を使い果たした月末ともなると速度制限がかって番組を聴き始めるまでに何分も待たされ、ウンザリして再生を諦めることもしばしば。というかラジオクラウドがLTE枠を散々消費してくれているのですよね。たくさん番組を聴くヘビーユーザーほど不利益を被るという残念すぎるアプリ、サービスになってしまっています。

でも、この動画ダウンロードを回避する方法を発見しました。アプリ起動前に「iPhoneを機内モードにする」です。どうやらこのアプリ、番組の再生直前に通信状態が切れていたら即座に再生を開始する仕組みのようで。Android版は試してないけどきっと同じでしょう。

ただし、機内モードのままだと番組の再生中にSNSやWebのブラウズができず不便です。そこで思いついたのが「アプリの通信を切ってしまえばいいのでは?」でした。iOSの設定アプリで「モバイルデータ通信」に進み、アプリ一覧からラジオクラウドアプリを探してスライダをOFF。もちろん通信できなくなるのはこのアプリだけだしWi-Fi下で番組のダウンロードをすれば不都合はありません。

iOSのモバイルデータ通信の設定画面

うん、これがベストですね。晴れて煩わしい動画から解放されました。起動の遅さ、頻繁なログアウト、再ログイン時にダウンロード済みアプリが消えるといった問題も一気に解消です。

というか、こんなに簡単に回避されてしまう仕様でCMを入れてマネタイズしようとしていたのか。無謀というか考えが浅すぎるというか…。

追記:

時折、この裏技で再生が始まらないことがあるけど、その場合はモバイルデータ通信を一時的に復活させましょう。再生が始まったらまたOFFにしてもOKです。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください