ポケモン用にSIMが要る

2枚目SIMが欲しくなりました。ポケモンGOのレイドバトルに伝説のポケモンが投入されたので1匹ずつ捕まえておきたいのだけど、iPhone版のポケモンGOは動作が思いっきり不安定なので、海外用に持っているAndroidスマホを使おうかと。

ポケモンGOのフリーザー
郊外だとレイドバトルの面子が揃わず勝てません…

私のiPhoneだけかもしれないけど、最近のバージョンのポケモンGOは起動状態が3分と保ちません。ジムにアクセスしたらアプリが落ちる、図鑑を開くと落ちる、ポケモンを捕まえたら博士に送る前に落ちる、歩いていて野良Wi-Fiに出くわすと落ちるといった具合です。ジムバトルやレイドバトル中にも容赦なく落ちます。アプリの問題なのか最新iOSとの相性なのか、はたまたハード側の不具合なのかは解らないけど、かつてのバージョンはそれなりに安定していたのでアプリの線が濃厚です。まったくもう。

一方でAndroid機の方はかなり安定しています。時おり謎のエラーで強制終了するものの、iPhone版よりは頻度が少なく、長く起動状態が維持されます。

だったらテザリングで1枚のSIMをiPhoneとAndroidスマホの両方使うという手はあるけど、接続と解除の手間が面倒だし、この際、安価なSIMをもう一枚導入することにしました。

まず目をつけたのはFREETELのデータ通信SIM。最安は月額299円〜の従量制だけど9/6までポケモンGOの通信量が無料らしいので、まあ最低額に収まろうかと。ただし、初期費用の3,000円が掛かってしまうと知って見送りました。1年間だと計6,600円くらいになってしまうので。

次の候補はイオンモバイル。ちょうどSIM代金が1円になるキャンペーン中なので。データ通信SIMの最安プランは1GBで月額499円です。1年間で約6,000円。悪くないですね。

ただし、ここでも迷いました。イオンモバイルには「シェア音声プラン」なるものがあり、1契約で複数のSIMを持てます。SIMカード追加の手数料が3,000円かかるけど、音声プラン→シェア音声プランへの移行なら月額200円のプラスで済みます。1年間で計5,400円です。

ということで少々迷ったけど、まあ1円の方が妥当かな。伝説のポケモンが欲しいだけで、もはやポケモンGOを熱心にはやっていないから、向こう1〜2カ月使えれば十分だもんな。それに通信枠が1GB増えるから月末にメインのSIMの4GBを使い果たした際にも利用できます。

さて、ルギアは解らないけどフリーザーの投入期間は31日までだそうな。これを逃したら次の機会があるのか、いつになるかは解りません。1匹捕まえられるだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください