救世主はWiMAX

引越してから半月余りが経ったものの、いまだインターネット難民です。いやぁ今どきネットがないと不便ですね。スマホはあるけど、調べものなどは、なるべくなら大画面のパソコンでやりたいし。

よって自宅ではiPhoneのテザリング(インターネット共有)でMacからネットにアクセスしていたものの、ある朝LTEの通信残量が0になってしまいました。前日には2.5GBほど残っていたのに。

原因はおそらくMacの自動ダウンロード。iPhoneのバッテリーも枯渇していたので、おそらくOS XかiTunesなどMac App Store管轄の大容量アップデータ、あるいは未再生のPodcastエピソードが夜中にダウンロードされてたのでしょう。テザリングのときは自動ダウンロードをOFFにしとかなきゃだめですね。

Macの自動ダウンロードの設定項目
Macの自動ダウンロードの設定項目

あるいはテザリング自体を切っておくか。

てなわけで3月の半分以上を残してLTEなしの生活を強いられることに。まあIIJのクーポンカード(500GB/1,500円 or 2GB/3,000円)を買えば復活するけど、せっかく格安SIMを使っているのだし、そんなのを買ったら負けな気がします。

ならばと0SIM(500MBまで無料で使える)の導入を考えたものの、使い始めるには事務手数料3,240円が掛かるらしいので却下。

そんな中、15日トライアルを申し込んでおいたWiMAXが届きました。これの具合が良好ならフレッツ光をキャンセルしてWiMAXにするのも良かろうと。ともかく、これでようやく難民生活から脱出です。

WiMAXのレンタル端末
人気がなさそうなホームタイプを借りてみました

さっそく接続し、スピードテスト。日曜日のお昼で下り8MBほど出てますね。この水準で安定するなら及第かな。

あとは通信量の制限を確認しないと。昔はWiMAXは無制限だったけど、確か昨年から「3日間で3GB」の制限が導入されてたはず。フレッツをキャンセルするかは本当に制限が掛かるのか次第。しばらくは動画をあれこれ見て試しましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください