アフターサービスがすばらしいアロハシャツのお店

先日、とある展示会に説明員として駆り出されました。私にとってはめったに無いことで、もはや着慣れないスーツは着たくないし、なるべくならネクタイも。そこで今回はかりゆしウエアを着ることに。いわゆるアロハシャツだけど沖縄では正装です。実際、最近の沖縄ではビジネスマンが普通に着てます。喪服だってちゃんとあるし。

その展示会は東京開催なので沖縄の正装だからなんだって感じだけど、私はちょいちょい「沖縄の方ですか?」と訊かれますしね。どちらかというと縄文顔だし(いや太平洋の海洋民族風かな)、名字が「与」で始まるからそう思うみたい。与那嶺、与那覇、与儀、与根、与勝などですね。

沖縄アロハシャツファクトリーのシャツ
もちろん私が着るとこんなにかっこよくはならないけど

ただし、国会議員が初夏の国会で着てそうなのは避けたいし、かといっていかにもアロハっぽい派手な色柄ものってのも厳しいので、楽天で沖縄アロハシャツファクトリーのこちらを1着購入。送料込みで 8,575円。

これなら遠目にはワイシャツっぽいかと。もちろん花柄な上に裾を出して着るから明らかに違うのだけど、解る人だけ解る感じ。まあビジネスマン相手のイベントではなかったから。

さて、展示会初日に着用し、さらっとした着心地と白地に白のプリントが気に入った矢先のことです。前の晩に洗濯し、翌朝二回目に着た際に下から二番目のボタンのすぐ横を縦に4cmほど破いてしまいました。指が引っかかって思いのほか力が入ったのか、たまたま生地がくたびれていたのかは解りませんが、ともかくショック大。そこそこいい値段したのに…。

「もう返品も利かないよな。一回着ちゃってるし洗ってるし…」と思いつつ販売店にメールで相談してみたところ、「補修はできないと思うけど、ともかく送ってくれ。新品と交換するし」といった感じの返答。感激です。

購入したてだったし、この手のシャツってボタンを留める際にそうそう破けたりしないから、たまたま痛んでたかもと先方も思ったのかもしれません。

交換してもらえるなら願ったり適ったり。でもまずいことに東北楽天ゴールデンイーグルスの日本シリーズ制覇に日程がかかり、あろうことかセール対象製品になったため、あっという間に在庫切れ。再入荷の予定もないとのこと。残念。

でもね、そこは手厚アフターサービスを提供してくれるお店。姉妹ブランドの姉にあたる「PAIKAJI」の似たデザインのものに差額なしで交換してくれるとのお申し出。本来の価格は倍ぐらい違うし、この際なのでありがたく受けさせていただきます。

ただし白×白は在庫切れ。残っているのはパープルかブラックとのこと。迷わずブラック…といきたかったけど、ここはパープルにしました。せっかくなら明るい方がよかろうと。普段着ない色は気分転換になるから。

122750_pu

ちなみにPAIKAJIはワンピースアロハなんかも出しているブランドです。ルフィと同じでおしゃれはしない私には価格面でなかなか手がでないけど、こんなに手厚く応対してもらったから、この先、何着か買い集めたくなりましたよ。

PAIKAJIのワンピースアロハ
沖縄の国際通りのお店で展示されているワンピースアロハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください