ダルマハゼと同居人

海底の空き缶や瓶に住んでいることでも有名なミジンベニハゼの野生バージョン(?)に見えなくもないですが、住んでいる環境からしてもダルマハゼですね。たぶんアカネダルマハゼ、体長は20mmぐらいだったかな。

ダルマハゼとサンゴガニ
やや引きで撮影

小さな被写体を大写しにするのが私の真骨頂ですが、このときはサンゴにはばまれてこれ以上近づけず。でもそのおかげで同居のサンゴガニも見切れながら写ってましたね。撮ってるときは全然気づかなかったけど。

ダルマハゼとサンゴガニ
サンゴまにギリギリまで寄って撮影

この写真では解りづらいものの、ダルマハゼは顔がごく短い毛で覆われています。中にはパンダ風の白黒なやつもいるのだとか。私はまだ見たことがないのですが。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください