消費税は元気玉なんだから

wordpress-logoいよいよ今日、総選挙が公示されます。今回は難しいですね。やや収束したけど、何だか弱小団体が乱立するプロレス界みたいだし。

かくゆう私も支持政党がないので、なるべく自分の考えに近い党、候補を選ぶしかありません。

で、私のスタンスはこんな感じ。

脱原発依存
TPP交渉参加
消費税増税 ×

脱原発路線は歓迎。何かと問題の多い原発を騙し騙し使うより、原発の廃炉技術および、石炭、地熱、潮流、メタンハイドレートといった代替エネルギーの開発にシフトする方が健全です。それらは国産できるし先行技術の輸出も可能なので。

また、TPP交渉には「課題が多くとも参加した上で国益を損なわないように立ち回るべきだ」という意見。何よりも経済を回すことが重要なので。そんでもって、もし呑めない話ばかりなら、ちゃぶ台ひっくり返して帰ってくればいいと。そうなれば争点は「ポストTPP」に移るかもしれないので、まずは米国がどんな無茶な要求をしてくるのかを聞いて晒しましょうよと。

そして消費税の増税には絶対に反対。再来年度からの増税は、例えるなら「元気玉を序盤戦で使うような話」。そう、ドラゴンボールのあれですね。みんなから少しずつ元気を分けてもらい、それを攻撃力に変えて相手にとどめをさす必殺技の。

この場合の日本の敵は言うまでもなく財政赤字。ただし、高齢化と少子化が進み人口も減るので、どんなに上手くやったところで向こう数十年か、あるいは百年以上もかかる長い戦いになります。だったら失われた20年とやらを勘定に入れても今はまだ序盤戦かせいぜい中盤戦に指しかかったところ。ここで必殺技を使ってしまってどうするんだと。

消費税が安定財源で何かと理に適っている点は認めます。でも、使うタイミングは今ではありません。

一撃必殺の元気玉も、格闘術やかめはめ派級の小技を重ねてから、ここぞというタイミングで繰り出さないことには敵を倒せないばかりか、こちらが疲弊して次の一撃も小さくなってしまいます。残念ながら、この戦いにはドラゴンボールも仙豆もないのだし。

民主党政権が通した消費税増税法案は経済成長率の条件付きと言われていますが、あれは数字が達成されなければ上がらないのではなく、施行を停止する法案を通さなければなし崩し的に税率が上がる仕組みになっていたはず。仮に来年後半に政治が混迷していれば、どんなに経済状況が悪くとも自動的に再来年春の増税が実施されてしまいます。

というわけで、今回は元気玉(消費税増税)を温存し、まともな持久戦を戦う気概がありそうな投票先を選ぶつもりです。差し当たり早く元気玉を打ちたくてうずうずしている民主党と自民党は×かな。

ちなみに私の考えでは、消費税増税の代わりにやるべきことは「規制緩和による経済活性化の促進」です。これしかないでしょう。