シパダン

二日目はシパダンで4ダイブ。この海域に来たからにはマクロ派でも1日ぐらいは潜っておくべきですよね。

ただし、我々の集合は8:15と遅いスタート。4:30 からの早朝ダイブには中国人のチームが参加してました。Buffalo fish(カンムリブダイ)の行進狙いです。去年はそのパターンで行ったらエントリ時には行進が過ぎ去る直寸前だったのですよね。

まあ、今回は早起きしなくても安全停止直前、5mくらいの浅瀬で数十匹の小さな群れには出くわしました。

カンムリブダイの群れ(遠景)

しかも1mぐらいまでは無理なく接近できる感じです。そこまで寄ると連中と目が合いますね。

カンムリブダイの群れ(接近)

もちろんシパダン名物の壁のようなキンガメアジの大群やバラクーダのトルネードも見られました。

ギンガメアジのトルネード
ギンガメアジのトルネード
ギンガメアジのトルネードの接写
近づくとギンガメアジがすし詰め状態
バラクーダのトルネード
バラクーダのトルネード
バラクーダのトルネードの接写
近づくとやっぱりバラクーダがびっしり

なお私の一眼レフの水中カメラセットは105mmマイクロレンズの完全なマクロ仕様。さすがにシパダンでは持て余すので、この日の写真はコンデジ撮影。設定が悪かったのか総じて白飛び気味になってしまいました。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください