SONY α55にも水中ハウジングが出ないかな?

来年、水中撮影用にデジタル一眼カメラを購入するにあたってはNikon D7000を第一候補に挙げつつも、実はまだSONY α55に未練があったりします。なにしろD7000よりも筐体もお値段も小さくまとまっていますので。それに私にとっては初めてのデジ一。もしα55の画質がD7000に及ばなくても、きっと満足してしまうでしょうから。 α55 さて、α55用のハウジングとしてはSeatoolが早々に開発意向をアナウンスしたものの、続報はまだ出てきていません。DEMA SHOWへの出店などで人員を取られたりして、捗っていないのでしょうかね。 で、他にも無いものかとネットを探してみたところ、どうやらIKELITEが出しているようです。

IKELITE α55ハウジング(前面)

IKELITE α55ハウジング(背面)
カメラの底にあるインジケーターっぽいギミックは何なのだろう?

相変わらず物凄い造りだとは思います。なにしろ透明ポリカ製の箱の中身がスッカスカで、何とも大振りなハウジング筐体にでき上がっていますので。ああ、でもひょっとしてその分の浮力が上手く効いて水中では扱いやすいなんてことになっているのかもしれませんが、どうでしょう?

お値段はボディ$1,500、100mmマクロ用のレンズポートが$175なので計14万円とちょっと。実に素晴らしい。もしNauticam(ノーティカム)などアルミ削り出しのメーカーが出すなら、この2倍ぐらいしそうですし。

とは言え悲しいのが国内で扱っているお店がなさそうなこと。ハワイ辺りに出向けばフツーに買えるのでしょうかね?

でも、さすがにこのクラスのハウジングの場合、現地購入や個人輸入するには不安が大きすぎます。ちょっとしたパーツの摩耗で水没して、修理に出そうものなら往復2~3ヶ月待たされて、しかも高額な修理代を請求されたなんてことになると目も当てられませんし。どこかIKELITEの国内販売代理店を買って出てくれませんかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください