エニタイムフィットネス多摩センター店

私の日課はジム通い。昨秋からは自宅の目の前のエニタイムフィットネスで筋トレをしているのだけど、残念がながらサウナがありません。

そこで週に1、2回サウナ付きの温泉施設に行ってます。近郊で一番使いやすいのは極楽湯多摩センター店です。駅近だし、私が好きな蒸し風呂と電気風呂もあり、新百合ヶ丘からの往復電車賃込みでも1,300円に収まってリーズナブルだから。

でも、ジムで筋トレ後に帰宅して一息つくともう出歩きたくなくなるのですよね。筋トレ後だからこそサウナや温泉でリラックスはしたいのだけど。

そこでふと思いつきました。「多摩センターで筋トレすればいいんじゃね?」と。というのも多摩センターの駅構内にもエニタイムフィットネスがあることを知ったので。どうやら2019年の6月にはオープンしていたようです。

エニタイムフィットネスの会員は国内外の全店舗を使えるので行ってみたら、かつてTSUTAYA多摩センター店だった場所でした。敷地は新百合ヶ丘店の2倍くらい。よってパワーラック、エアロバイク、トレッドミル、ステアマスターは倍の台数、他にもバトルロープなんかもあります。でも鍵付きの無料ロッカーはなかったかな。

さて、この日の私の目当てはレッグプレスマシン。新百合ヶ丘店とは違う機種でした。

エニタイムフィットネス多摩センター店のアングルドレッグプレスマシン
アングルドレッグプレスマシン。本体62kgにプレート16枚280kg装着した状態

セットごとに重量を上げていき、3セット目には備えつけのプレートを全部装着。さらに隣のパワーラックから20kgを2枚借りてきて追加。これで合計340kgぐらいになったので8レップ。その後は重量を減らしながら合計7セットのメニューを完了。アスリートじゃないんだからこんなトレーニングは要らないのだけど、まあ趣味なので。

さて、トレーニング後、汗をかいたウェアを着たまま、だるい足を引き摺りながら5分ほど歩いて極楽湯に到着。ReFaのミストシャワー、ドライサウナ、蒸し風呂、電気風呂、炭酸泉などをゆっくりと堪能。結果、帰宅したときにはいつになくへとへと。筋肉痛はすぐには出ないけど、そもそも大腿筋や臀筋が疲れているのに温泉で緩んでしまって。

よって結論は「温泉にはレッグプレスじゃない日に行った方がいいな」です。

ヤオコー新百合ヶ丘店に期待すること

ヤオコー新百合ヶ丘店の建設が進められています。といってもまだ基礎工事の段階っぽいけど。

ヤオコー新百合ヶ丘店の建設予定地
AEON側から見た様子
ヤオコー新百合ヶ丘店の建設予定地
奥にAEONが見えます

地図で見るにヤオコーの敷地面積はイオン新百合ヶ丘店(駐車場を除く)と同じぐらい。食品スーパーとしてはなかなかのサイズです。

ならば気になるのが施設。個人的な希望としては、温泉施設が入るといいなぁ。セントラルスポーツが運営するTha SPA成城みたいに、1Fが食品スーパーで屋上階が温泉フロアとか。大型スポーツクラブは駅周りに三つ、隣駅にも一つあるからもう十分だけど。

ちょっと前までは近郊に「野天湯元 湯快爽快 くりひら」が営業していたけど閉館済み。建物はすでに解体されていて跡地はリニアの脱出口になるという噂です。

また、コナミスポーツ新百合ヶ丘店にも大浴場内に「神秘の名湯 炭酸カルシウム温泉」があるけど、どうやら温泉地から持ってきた石炭湯華を据えた人工的な温泉っぽいし、その仕組みも経年劣化で機能しているかは怪しいものです。それにサウナは私が退会した後に変わっていなければ20人ぐらい入れるのに水風呂は2人が限度の狭さで設計ミスが目立ちます。早い話、スポーツクラブの会員以外には魅力が薄いのですよね。

神秘の名湯 炭酸カルシウム温泉

他にもHUBHUB新百合ヶ丘がオープンしたけど、こちらはグループで貸し切るタイプのサウナ施設。銭湯感覚で一人でふらっと立ち寄れる感じではないので、駅から5分のところに新しい温泉施設があれば流行ると思うのですよね。そうやって集客ができればスーパーの売り上げも上がるだろうし。

chocoZAP新百合ヶ丘店

chocoZAPのバナー

chocoZAPが新百合ヶ丘にも近々オープンするようです。場所はVideoでコザワビル(かつての紳士服のコナカ)。

ロードサイドとはいえ、駅から徒歩10分とそこそこ離れているけど、新百合ヶ丘の人口は約10万人だから、この場所でも大丈夫かな。

私は自宅の前にANYTIME FITNESSがあるし、chocozapの筋トレマシンでは満足できなさそうなので行かないけど、コーヒーが飲み放題なのはちょっと羨ましいなぁ。

エニタイムフィットネスを使ってみた

ANYTIME FITNESSのロゴ

エニタイムフィットネスに入会し他ので早速利用してみました。

駅から歩くと15分くらいかかる場所にオープンして大丈夫かと思ってたけど、9月18日(月祝)の20:00頃に行ったら結構混んでましたね。車やバイクで通う人には駅からの距離は気にならないのかも。祝日だからかもしれないけど、使う時間帯を考えないとな。

なお、この日試したのはレッグプレスマシン。シートに座り、フットパネルを斜め上に押し上げるタイプです。追加のウエイトなし状態で75kgの負荷があり、そこに20kgのウエイトプレートを最大で16枚、MAX320kgまで乗せられます。とりあえずプレート8枚、235kgでやってみたけど、いい感じです。マシンに慣れてきたらもっと増やそうと思います。

で、ふと辺りを見渡してみたら、奥にハックスクワットマシンもありました。こちらは斜めになった背もたれに寝て、伸び上がるタイプ。これだと自重が加わるのでウエイトなしで45kg、そこにウエイトプレートを6枚120kgまで追加できそう。こちらもいいですね。

ANYTIME FITNESS新百合ヶ丘店のハックスクワットマシン
ANYTIME FITNESS新百合ヶ丘店のハックスクワットマシン。他にレッグプレスマシンもあります

さらにスミスマシンとパワーラックもあるので、フリーウエイトによるスクワットもできます。

エニタイムフィットネス、気に入りました。

ジムは駅近と自宅近くのどちらがいい?

私はジム通いが日課。もう30年ぐらいになるかな。そのおかげか未だに病気知らずです。

ただし、これまではずっと駅近くのジム(スポーツクラブ)に通ってたのだけど、先日自宅近くにエニタイムフィットネスがオープンしたもので、どちらが有利かをちょっと考えてみました。

駅近のジムに通う場合の平日

会社に行く日の朝は、トレーニングウェアやシューズ、BCAA(アミノ酸)をセットしたプロテインシェイカー、洗面道具などを大きな鞄に入れて出発することに。なお、シューズや洗面具は有料でジムのロッカーに預けることもできます。

そして退社後は新百合ヶ丘に戻ってジムに直行しエクササイズ。ただし、帰路の途中のどこかで夕食を、遅くとも運動の30分前には食べておく必要があります。これがなかなかのハードルです。外食費が嵩む上、手早く済ませようにも選択肢は少なくて。

また、残業やら買い物やらで時間を取られるとジムの営業時間の制約が出てきます。ハイパーフィットネスのレギュラー会員だと平日利用は23時まで。シャワー&サウナ&水風呂の時間を考えると22時40分までにエクササイズを終える必要があります。追加料金を払って24時間会員になれば夜中も器具を使えるけど、サウナはやはり23時で終わりです。

自宅近くのエニタイムフィットネスに通う場合の平日

会社に行く日の朝は、業務に必要なものだけを持って出発。自分の場合だと水筒ぐらいかな。

退社後はひとまず帰宅して自宅で夕食を摂り、一息ついてから一式を持ってエニタイムフィットネスに赴けばOK。何しろ片道3分かそこらで行かれるので、何ならトレーニングウエア姿て家を出て、運動後はそのまま帰宅して自宅でシャワーを浴びてもいい距離です。

早朝や深夜にトレーニングする気にはならないにせよ、23:00ごろからトレーニングをスタートすることもできます。スタッフは22:0020:00までしかいないらしいけど、筋トレの方法はとっくにマスターしているので特に問題ありません。

ベンチプレスのイラスト

こうして考えると自宅近くのエニタイムフィットの方が断然有利に思えるけど、一つ気がかりなのが、一度帰宅してしまうと外出したくなくなることも多いんじゃないかと。その可能性はあるなぁ。

まあ、今のところ在宅ワーク続きで時間も自由に使えるから、好きな時に行き放題だけど。