Coral Reef Crustaceans: From Red Sea to Papua

台風19号(Hagibis)の接近にともない私の住む街にも避難警報(Level 4)が出ていたものの、川からは遠いこともありまったくの無事。いつもの大雨と変わりませんでした。そもそも新百合ヶ丘はその名の通り丘ですからね。

ただし、広域的には多数の死傷者や堤防の決壊、浸水など各地に大きな被害をもたらしました。しかも今日は雨です。追い打ちにならなければいいけど。

そしてもちろんこれで台風が打ち止めではありません。毎年25個前後の台風が発生するので、あと1個ぐらいは日本に来ないとも限りません。

近年、海水温が上がっている以上、これからも毎年強烈な台風が発生し、その中のいくつかは日本の各地を襲うと思われます。

原因のどこまでが文明によるものかはわからないけど地球温暖化は紛れもない事実。いよいよ厳しい時代に突入したのかもしれません。


Coral Reef Crustaceans: From Red Sea to Papuaという図鑑(英語)を買いました。名前の通り甲殻類(Crustaceans)に絞った本です。全130ページで900種以上が掲載されています。

Coral Reef Crustaceans: From Red Sea to Papua

内容はこの通り、1ページに8枚の写真が紹介されています。

Coral Reef Crustaceans: From Red Sea to Papua

著者はA.S. Ryanskiyとなっているけど、前書きによれば一人で撮影したわけではなく、ダイバー、フォトグラファー、サイエンティストで持ち寄った写真を編纂したとのこと。なるほどね。

これで私の甲殻類識別能力が上がりました。とはいえまだまだ不十分だけど。例えばバサラカクレエビ(Crinoid shrimp類)のバリエーションはまだまだたくさんあるし、それらが単なる色違いなのだ別種と認められるのか判断するには情報が足りません。甲殻類のきりのなさは同じ節足動物である虫の世界に近いのかも。

なお、印刷されたペーパーバック版は¥3,511だけどKindle版なら¥1,339。旅先にも持っていかれるので買うなら断然Kindle版ですよね。

OPA新百合ヶ丘がリニューアル

10月4日(金)OPA新百合ヶ丘の1Fと2Fがリニューアルオープンしました。

2FのDEAN & DELUCAは外からしかみていないけど、どうやらカフェがメインのようですね。私は当分利用することはないでしょう。

1Fのお菓子のお菓子ランドとCan★Doは同じ床面積のまま、背の高い棚を導入して取り扱い商品数が増えた感じです。でも品揃えはあまり代わり映えはしないかな。

そして同じく1Fに再オープンしたのがJupiter。原宿舶来食品館の跡地に輸入食品コーナーができました。

ざっと見たところ、私がたまに買っていたインドネシアのサンバルソース、ベトナム産チリソース、フィリピンのパンシット・カントン(焼きそば)などは扱っていないみたいですね。

ただし韓国のSamyang焼きそば147〜167円と他所よりも数十円安いので狙い目かも。Amazonよりも安価です。

Jupiter新百合ヶ丘OPA店
左端、下から2段目がSamyang。

創作料理しもかわが閉店に

新百合ヶ丘の創作料理しもかわが今年12月で閉店になるようです。

創作料理しもかわが閉店に

しもかわはリリエンベルグの斜め向かいにある、新百合ヶ丘では重鎮的な飲食店。ただし、お値段もそれなりだし、敷居が高いので私は行ったことがありません。パーティなんかには良さそうだけど、コナミスポーツのダイビング部門が潰れてからは、仲間内で集まる機会もほとんどなくなってしまったんだよな…。

AEON新百合に新たなレジが

AEONスタイル新百合ケ丘中央店に新しいレジが準備されていました。

ただしセルフレジではなく、支払いだけがセルフのやつですね。新百合近辺だと柿生のダイエーマルエツに導入されています。これで精算が早く済むようになればいいなぁ。

イオン新百合の新しいレジ

大型展なので少しでも買い物客の回転を速くして、人件費を削除したいのでしょうね。