財界にもサラリーキャップが必要だと思う

日産のカルロス・ゴーン前会長が有価証券報告書への虚偽記載等の容疑で逮捕・再逮捕され、勾留が続いています。過少申告に関しては「社員の士気を下げないため」が理由だそうな。犯罪性はともかく「貰いすぎ」が問題になる自覚はあったようですね。

また、彼にとっての本国の一つのフランスではジレ・ジョーヌ(イエローベスト)デモが起き、マクロン政権を揺さぶりました。運動の引き鉄は燃料税値上げだけど背景にあるのは格差問題でしょう。そう、現代の世界的な不安要素の最たるものが格差。2016年のジニ係数によるとフランスは日本やアメリカよりもマシな方なのですが、さすがは革命の国だ。

巨大企業経営者への報酬が巨額になることに対しては「他社に引き抜かれないためには必要」という見方があります。でも、それって詭弁に聞こえるのですよね。「税率を下げないと富裕層が国外に転出してしまう」なんかと似た、富める者がより富むための。

他方、格差が大きい国では富裕層も含めて平均寿命が短くなるという話を聞いたことがあります。詳しい理由はわからないけど、富裕層なら高級で安全な水や食料を買えたとしても、空気や気候風土まではどうにもならないからかな。

だったら格差を広げすぎないために経営者の高額報酬には歯止めを設けるべきだと思います。例えば「経営者への報酬が末端のスタッフの●●●倍を超えるのは違法」といったルールを国際的に導入できれば潮目も変わろうかと。仮に末端スタッフの年収が400万円と仮定して「100倍まで」という規定ならば4億円が上限になります。そして経営者が報酬を増やしたければ社員の年収も底上げする必要があるわけです。倍率は国や売上総額によって違ってもいいでしょう。もちろん「直接雇用の社員を派遣労働者に置き換える」なんて抜け道は無しです。その場合は雇用形態にかかわらず、より低賃金の人が基準になります。

経営者に超高額の報酬を払う企業はそう多くないかもしれないけど、実施できれば象徴的な意味合いを発揮し得るはずです。引き抜き対策の意味合いも崩れます。その上で、10億を超える報酬を得る経営者はさぞ尊敬されることでしょう。それだけ社員の所得を底上げしたわけだから。

一方、ハリウッドスターやミュージシャン、スポーツ選手、作家のような自身の技能に対して得る報酬に関しては巨額だろうともこの範疇外、青天井でいいと思います。でもゴーン氏の場合は自身で日産車を作ってたわけじゃないから、仮に復職できたとしても適用の対象ですね。

ともかく「労働力を買い叩くことが企業経営者にとってのインセンティブになる」「低所得者を生み出すほど自分たちへの報酬が増える」という状況を覆すことが重要です。さもなくばどの国も疲弊していきます。ほんでもって富裕層すら寿命を縮めかねないのだから、格差拡大は誰にとってもいいことではありません。

というわけで、どこかの経済学者や社会学者の方、この案をうまく昇華して世に発表してくれないかな。

ローラと辺野古

先ほどTBSのサンデージャポンを見ていたら、ローラさんが辺野古基地予定地への埋め立て差し止め署名活動をInstagramで広めた件について、あれこれ言っていました。

まあ出演者各人はテレビ番組としての立場、役割に従って発言しているのかもしれないけど、この件への批判には正直うんざりです。あんたら何様なのかと。

ローラの肖像(オフィシャルサイトより)
ローラの肖像(オフィシャルサイトより)

いや、一人一人が辺野古埋め立てや署名活動への賛成・反対などを表明するのならいいけど、ローラさんの言動を批判するのは筋違いでしょう。街のインタビューの「彼女は沖縄に住んでるわけじゃないのに」は論外だし、「芸能人が政治的な発言をするべきではない」って風潮は何を言っているのだか。それこそ彼女に「他愛もないことを話すだけのお人形さん然としていろ」といっている様なものです。

ちなみに私の立場は、「辺野古しかないという理由に理があるなら賛成するけど、現状では埋め立てに反対」というもの。仮に昔の検討で辺野古が普天間基地の移転候補地の優先順位1位だったとしても、これほど沖縄県民の反対が多いままなら、ちゃんと辺野古じゃなきゃいけない説明をして県民を説得するべきだし、さもなくば優先度2位以下も合わせて考え直すべきだと。

中には「もう遅い」とか「説得は無駄だ」などと言う思考停止な人もいるけど、実際のところ沖縄県民だって決して一枚岩ではなく、本島と八重山でも考え方は違うし、本当においても「賛成ではないが諸事情を考えれば容認」という意見の人もそれなりに多いわけです。だったら日本政府は容認派をもっと増やす努力をしないと。

結局のところ、辺野古への移設は「土建屋(しかも主に本土の)が一番儲かるプランという利権がらみの政治決着だから、それが明るみに出ないよう工事を強行している」ってのが真相ではないかと。そしてそれを見透かした県民が「沖縄に負担を押し付けているだけ」と反対していると。

さしあたり今回の署名活動は成功したので来春にはホワイトハウスの見解が発表されます。そこで「地元住民の反対が多いなら、辺野古への海兵隊の移転は難しい」とでも書かれていたら、この埋め立ての理由自体がふっっ飛んでしまいます。

さらに「グアムへの移設も考える」などと言い添えられたなら、安倍政権は厄介な事態に直面することになるでしょう。国防上、海兵隊も沖縄に残ってもらうのが得策だけど、そのためにはトランプ大統領のご機嫌とりのためにF35をさらに追加購入するとか、通商面などでもあれこれ譲歩を強いられてしまうという。

辺野古の代償

先週、辺野古への土砂埋め立てが始まりました。安倍政権は新基地建設を早く規定路線化したいのでしょう。でも、それは裏目に出て国益を大きく損なわせてしまいかねません。

辺野古への土砂投入(沖縄タイムズより)
沖縄タイムズより

聞くところでは、沖縄県民で辺野古基地建設に賛成する人はおらず、反対派か容認派(反対しても押し切られるから、見返りを確保しようという現実主義志向の人)しかいないとのこと。少なくとも沖縄本島ではそうでしょうね。よって2月に予定されている県民投票の結果は見えています。

そこで忘れてはならないのがもう一方の当事者である米国の意向。トランプ大統領のことだから「地元民の反対が大きいなら、海兵隊は辺野古ではなくグアムに移設してもいい」などと言い出しかねません。狙いはもちろん対日貿易赤字の解消です。実際に引くつもりがあるかはともかく、日本政府が沖縄県民を説得できないことを見越したボロ勝ち必至のディールですね。

日本政府としては国防上、海兵隊も沖縄に引き止めたいところ。日米が軍事面で離反しつつあるような印象を外に発信するのは得策ではないから。結果、これまで以上に何かを大量に買わされることになりましょう。日米地位協定のさらなる改善も遠のきます。それどころか、グアムへの移転をネタに際限なく譲歩を迫られるかもしれません。

普天間基地の移設問題、私は今からでも辺野古以外の解決策を模索すべきだし、仮に辺野古以外の結論がないのだとしても、日本政府は沖縄県民とちゃんと向き合う姿勢を見せないと後々厄介なことになりかねないと思います。

PayPayって不便

昨日、PayPayを使ってみたくてBicカメラ新宿店に赴きMagic Mouse 2とMagic keybordを買おうとしたら、キーボードは品切れでした。引き換え札はあったので在庫管理がうまくできていないようです。

PayPayロゴマーク

それでも「駅向こうのビックロにはあります」とのことだったのでしばし歩いて移動。ビックロは地下道から入れるので寒空の下を歩く必要はありません。

そうしてB2Fの売り場にて両製品の購入を試みたものの、PayPayによる支払いでつまずきました。残高不足とのことで。確かにアプリには入会特典の500円しか入っていませんでした。

でも、アプリを初めて起動した時にYahoo!アカウントを設定させられたので、てっきりYahoo!アカウントで使っているクレジットカードで引き落とせるものとばかり思っていたけども違うわけだ。

仕方なくその場でPayPayアプリにクレジットカードを登録しようとしたもののJCBは非対応とのこと。結局、購入は諦めて出直すことにしました。あとで検索したらPayPay難民となったJCBホルダーが多数いるようですね。

解決方法としては、「残高にチャージ」をタップすればYahooo!アカウントにひもづけられたJCBカードから不足額をチャージできそうに思うのだけど、どうでなのかな。だとしても、その操作をレジでやるのは気が引けます。

それに、ビックロでの支払い方法は、レジで提示された金額を自身のPayPayアプリに手入力して確定ボタンを押す流れ。当然、押し間違えるようなこともありましょう。せめてアプリ画面に「不足額○○○○円をクレカからチャージしますか?」とでも表示してくれないと無用な手間が増えそう。QRコード決済ってこんなに面倒なものなのでしょうかね?

で、もう少し使い方を調べてから後日改めてなんて思ってたら20%バックのキャンペーンが終了したとの発表が。じゃあ私はもうPayPayに用は無いかな。

てなわけで一応の結論。現状のPayPayは普段私がキャッシュレス・カードレス決済として使っているQuickPayと比べると格段に不便ですね。QuickPayはQR決済では無いけどそもそもJCBのサービスだしポストペイ方式。チャージ不要で残高なんて気にせずに使えます。

PayPay、願わくばもう少し洗練させた上で第二弾のキャンペーンを打ち出してもらいたいものです。

PayPayを使ってみたいけど

PayPayの期限サービスが盛況です。期間中は支払額の2割バック(上限25万円まで)だから、この際25万円を超えるような高い買い物をしたいところ。例えばApple製品は割引がないので。

PayPayロゴマーク

とはいえ、あいにく私はMacBook Airを買ったばかり。割引目当てに不要なものを買うほどバカな話はありません。まあ、転売が目的なら別だけど、それには目利き能力が必要です。

で、欲しいけど何となく買いそびれていたようなものを買うのがよかろうと。私の場合、Magic Mouse 2、Magic Keybord(テンキー付き日本語配列)、そしてAIrPodsです。どれも長く使える充電式のバッテリを積んでいるので同じカテゴリ内の製品としては高価だから今PayPayで買うのはありです。

また、私の新しいMacBook Air(2018)はマウスやUSB接続のキーボードのキーを押してもスリープから回復しないことがあるけど、ひょっとしたら両方とも旧モデルだからではないかと。それぞれ10年ぐらい前の設計の製品なので。

それに今使っている初代のMagic Mouseは定期的に単三電池2本を入れ替える必要があって面倒。それが不要になるのは意外に大きいかも。

ビックカメラ販売のMagic Mouse 2

ビックカメラ販売のApple Magic Keyboard

ビックカメラ販売のAirPods

ただし、AirPodsだけは微妙かも。近々後継モデルの投入が噂されているから。それに私はまだiPhone 6 Plusなので、まだ必須ではないのですよね。断線しないのは魅力的だけど、ジムのエアロバイクのテレビや飛行機の機内エンタメには繋げないデメリットもあるし。

うん、やっぱり今はマウスとキーボードだけにしよう。