ピカリャ〜とSunna

マリンダイビングフェア2019の会場で見つけたゆるキャラ。

まずは竹富町のピカリャ〜。

たけとみ町のピカリャ〜

もうお馴染みですね。毎年来てるし。

そして珊瑚の妖精Sunna(さんな)。こちらは初参加。

Sunnna(さんな)

頭にはカニが乗っていて、左手には海ぶどうのブレスレットをしています。

でも会場の通路は狭いから、この手の大きな着ぐるみは邪魔な時もあります。

ついでにコモドドラゴンのぬいぐるみ。

コモドドラゴンのぬいぐるみ

でかいだけで似てません。

吉野家小田急新百合ヶ丘駅店がグランドオープン

吉野家小田急新百合ヶ丘駅店が4月16日にグランドオープンとなります。前を通ったらチラシを配っていました。24時間ではなく7時〜24時の営業ですね。まあ十分でしょう。

吉野家小田急新百合ヶ丘駅店のグランドオープンのチラシ

なお、外から見たら18席ぐらいあったかと。敷地の狭さの割には予想以上に頑張っているかも。

カフェタイプとはえい、さすがにメニューは他店と変わらないので、頃合いをみてクーポンを使いに行こうかな。

iMacを捨てないと

先日、こちらのチラシが自宅のドアの郵便受けに入っていました。

廃品無料回収のチラシ

「壊れていても大丈夫」だそうな。無料回収品目はこちら。

廃品無料回収の対応品目

そんなわけでiMacを捨てることにしました。1年前にGPUが故障して満足に使えなくなり、修理には中古の上位モデルを買う以上の費用がかかりそうだったので、いい捨て方を探していたのですよね。普通だと有料なはずだし。

よって渡りに船。すでにHDD(1TB)は抜いてあったので、箱詰めしてチラシを貼って回収してもらいました。

無料回収してもらったiMacなど
iMacの箱の後ろの黒い物体は液晶テレビ

ついでに32インチの液晶テレビも一緒に。業者の人は見つけた時に嬉しくなったかもしれないけど、アナログなので放送は写りません。それでもAmazonのFire TV StickやGoogleのChromecastを使えば専用機にはなるけど。

この手の業者、動くものは再販、動かないものは部品取りやリサイクルに回すのでしょうね。どうにもならないものが真っ当に廃棄されているかは解らないけど、その点を信じるならいいサービスです。

オンライン英会話 比較ランキング

九段下の英会話スクールCebway English(セブウェイイングリッシュ)が間も無く営業を停止します。そこで、ふと気になってオンライン英会話のサービスがどれくらいあるか調べてみました。たどり着いたのがオンライン英会話比較ランキングというサイト。

オンライン英会話 比較ランキング バナー

2019年4月12日時点で130以上が登録されていますね。Cebway Englishは乗っていないから、実際にはもっとあるのでしょう。先生さえ確保できれば開業は簡単だもんな。システムを構えない場合でも固定客がいるなら難しいのは支払いをどうするかぐらいで。

Cebway Englishも常連客はそれなりにいたわけで、九段下教室を閉じた後もオンラインと派遣を中心に続けていけばいいのに。過当競争気味でも、それだけ需要がある証拠なのだし。まあ、一部の有名サービスを除けばそんなに儲かってはいなさそうだけど。競争が多くて客単価が上がらないだろうし。

でも、こんなにあるんなら、片っぱしから無料体験していけば累計何十時間も試せますね。

さしあたり私はダイビングで訪れたインドネシアとかで合流した欧米人なんかと簡単な会話ができればいいので多くを望んではいないし、もう必要最小限は身についている気がするけど、もう少し伸ばしてみるのもいいかもな。

それに今の私は一人暮らしで在宅勤務。日課のジム通いと買い物のときを除けば人と会わなくても生活が完結してしまうので、社交性を失わないためにもこの手のサービスに申し込むのもいいかもしれません。