アカグツの幼魚

ytvのワケあり!レッドゾーンでアカグツの幼魚が紹介されていました。

幼魚ハンター鈴木香里武さんが沼津の湾で採取したのだそうな。しかも陸から水面を見下ろしながら水面にいるところを発見。どの図鑑にも載っていないはずなのに、すごい識別眼です。爬虫類ハンターの加藤英明先生に匹敵するかも。甲殻類の世界にもそういう人がいるといいのになぁ。

ワケあり!レッドゾーンのアカグツの幼魚

アカグツ、深海魚だけあってそもそもがレアだけど、成魚ならダイバーの間ではたまに目撃情報を聞きます。でも、幼魚を見たことがあるダイバーはいないのではないかと。誰も水面は気にしていないもんな。

まあ、幼魚が水面付近で見つかるということは浅い海で産卵するのかな。その際にダイバーに目撃されると。

ワケあり!レッドゾーンのアカグツの幼魚
正面から見ると、半透明の球体の中に確かにアカグツっぽいシルエットが見てとれます

OPA新百合ヶ丘がリニューアル

10月4日(金)OPA新百合ヶ丘の1Fと2Fがリニューアルオープンしました。

2FのDEAN & DELUCAは外からしかみていないけど、どうやらカフェがメインのようですね。私は当分利用することはないでしょう。

1Fのお菓子のお菓子ランドとCan★Doは同じ床面積のまま、背の高い棚を導入して取り扱い商品数が増えた感じです。でも品揃えはあまり代わり映えはしないかな。

そして同じく1Fに再オープンしたのがJupiter。原宿舶来食品館の跡地に輸入食品コーナーができました。

ざっと見たところ、私がたまに買っていたインドネシアのサンバルソース、ベトナム産チリソース、フィリピンのパンシット・カントン(焼きそば)などは扱っていないみたいですね。

ただし韓国のSamyang焼きそば147〜167円と他所よりも数十円安いので狙い目かも。Amazonよりも安価です。

Jupiter新百合ヶ丘OPA店
左端、下から2段目がSamyang。

MacBook Air死す

金曜日、MacBook Air 2018が起動しなくなりました。macOS X 10.15 Catalinaのコールデンマスターが開発者向けに公開されたのでクリアインストールしようと思っていた矢先だったのに。

仕方なくAppleストア表参道に翌日の予約を入れ、本体を持参して見てもらうことに。すると「ロジックボードの故障」とのこと。まあ、昨年の発売直後に購入した初期ロット機なので、そういうこともありましょう。クラムシェル利用時のスリープから回復しなかったり、稀に勝手に再起動がかかったりしていたので。

ただし、困ったのが「修理の所要日数に3〜4日必要」と言われたこと。しかも代わりのマシンの貸し出しは行なっていないそうな。この点は残念ですね。ならば一週間ぐらい不自由するなぁ。でも、メモリもSSDもカスタマイズしてあるので、仮に交換となったとしても日数が必要だったでしょう。

それに1年の保証期間が来月には切れるので、このタイミングで故障して無償修理に出せたのはラッキーだったと言えるかもしれません。

MacBookAirの修理状況なお、表参道に出向く前に下北沢のイベント「下北沢×神奈川地酒×小田原」祭りに立ち寄ってみたけど、小ぢんまりして魅かれるものがなかったのでスルー。小田原という括りではイベント出店の交渉も厳しいのかも。

結局、シモキタシュリンプで海老味噌まぜそば(1,000円)をいただきました。相変わらず美味し。

シモキタシュリンプの海老味噌まぜそば

第31回北海道フェアin代々木 ザ・北海食堂

代々木公園で開催中の第31回北海道フェアin代々木 ザ・北海食堂に行ってきました。北海道フェアin代々木2019

まずは予定を変更して焼きイバラガニを。タラバガニに近いヤドカリの仲間ですね。

焼きイバラガニ(特大)
包まれている新聞紙は「大」文字だけど、特大(2,000円)です
焼きイバラガニ
受け取った時はカット済みだけど、焼いている段階ではこんなサイズです

焼くと香ばしいし美味いけど食べにくいです。蒸してくれた方が良かったかな。カニスプーンを持って行った方がいいかも。

次に予定通り、うに味噌ラーメン(1,000円)。美味し。

うに味噌ラーメン
トッピングにうにの固まりも入っていました

そして海宝焼き。こちらも外せません。+200円でホタテを通常サイズから大きなもの(活ホタテ)に変更してもらいました。1,350円。

海宝焼き(活ホタテ)
ホタテではなくトレイごと持って食べましょう。風に飛ばされかねないので

ここまでで終了。

今年は「にせんべろ横丁」なるコーナーもできていて、2,000円ポッキリのセットメニュー(食事2品+アルコール2品)が提供されていたので気になったけど、これといって魅かれるものがなかったのでパス。来年に期待しましょう。肉類が多かったから、もう少しシーフード系を充実させて欲しいところです。来年もまだ東京圏に住んでいるかは解らないけど。

How dare you!

国連でスピーチしたグレタ・トゥーンベリさんにあれこれケチをつけたがる連中がメディア上で散見されて情けない限りです。

とある国内の提言型ニュースサイトでも、誰かを叩いて憂さ晴らししたいだけの人が少なからずいたりします。まあネットの世界なんてそんなものだろうけど。誰もがフラットに意見を発信できる時代の弊害でしょうか。

で、中にはCO2の影響に懐疑的で、「現在は小氷河期の始まりだ」とか「古代にもCO2の濃度が極端に上がったことがあるが乗り切れた」的な理由づけをする人もいました。そういう人は時間の経過という概念がすっぽり抜け落ちているわけです。

氷河期というと世界中が氷結するようなイメージを抱く人も多いけど、実際はそうでない時との気温差なんて5度ぐらい。よって氷河期云々は「いずれ台風が来るから水不足対策は不要」なんて言うのと同じ。そもそも人間の都合に沿ってうまいこと温暖化を相殺できるものではありません。

4万年前のCO2濃度の上昇にしても、それが何千年もかかってゆっくり起きた現象なのに対して、現代のそれは産業革命以降、とりわけここ数十年の間の急激な変化なわけです。このまま温暖化ガスを排出し続ければ4万年前のレベルを軽く突破し、さらに状況を悪化させかねないことも考慮しなければなりません。

もちろんCO2や他の温暖化ガスが現代の気候変動にどれだけ影響を及ぼしているかは科学者の間でも意見が割れていると聞くし、私には妥当性が解りません。でも、「太陽活動の影響だ」などと言い切って温暖化ガスは出し放題なんて方向に触れるのは危険です。何しろ受け入れやすいので、利潤を追求するあまり歯止めが効かなくなり、アマゾンの森林火災のような事態を招きかねないから。

また、無名のネット民に限らずとも、今週のそこまで言って委員会NPでは、またもや竹田恒泰氏が「温暖化なんてない」と言っていました。毎度のこととはいえ彼の発言には同意できないことが多いです。いや、「近年の気候変動に対して人類の活動の影響がどれほどかは怪しい」といった話なら解らなくもないけど、彼は気候の極端化や海水温が上がって台風が以前よりも発達しやすいことも否定するのですかね。番組では他の出演者達が全員スルーしていたのが救いです。