ターミナル3のSIM売り場

今回、Lay-over(トランジットの待ち時間)がたっぷりあったのでスカルノハッタ国際空港ターミナル3のSIM売り場を探してみました。

Inmost oared

国際線で到着し、預け荷物を持って扉を出たら右に曲がって進み、BNI銀行やファミリーマートの前を行き過ぎた突き当たりにありました。

これで急にジャカルタに行くことになって事前にSIMを用意してIない場合も現地調達できて安心です。

なお、他のターミナルは確認していません。もはやガルーダ・インドネシア、ANA、JALなどの国際線がすべてターミナル3利用になったから。

huluの解約でもめた件

長年、昔のX-MENアニメが見たいと思っていたところ、huluで断続的に放映されているのを昨年発見。よって昨年末huluを契約。毎月の話数は限られているので順番に録画していき、今月ようやく5シーズン全76話がキャプチャできました。もちろん個人で楽しむためです。ネットに上げたりはしません。

X-MEN#76 最終話

さて、そうなるとhuluは用済みです。huluでしか見られない番組で木になるものが他にはなかったので。

よって解約の手続きをし、「ご契約サービス・継続のご連絡」メールを受け取ったものの、間髪入れずに「ご契約サービス・継続のご連絡」メールが届きました。

huluの解約完了メールと契約継続メール
huluの解約完了メールと契約継続メール

でも解約の手続はしたけど継続の手続きなんてしていません。解約する気満々だったから。

よってサービス窓口に問い合わせたところ「お客様が継続の手続きをしたので、キャンセルは受け付けられない」とのこと。

でも「継続の手続きなどしていない」と抗議したら結局キャンセル・返金となりました。

ということで、なぜ継続扱いになったのかは不明ながら、huluは割と親切な応対をしてくれる良心的なサービスだという印象を受けました。また見たい番組が揃ってきたら再契約しようと思います。

ターミナル3の換金所

スカルノハッタ国際空港ターミナル3の換金所をざっとチェックしてみました。BNIという銀行がが1.3ぐらいで一番レート良かったかな。1,000円が130,000ルピアになるわけですね。

BNI(バンク・ネガラ・インドネシア)

BNIの場所は、イミグレを抜けて荷物を受け取る部屋を出たら右に少し進んだところにあります。

これがターミナル2(主に国内線)の換金所ともなると1.2や1.15に下がるようです。まあ、短期の旅行者にとってレートの良し悪しは大して気にはならないけど。ダイビングリゾート泊だと、どうせ使い果たせっこないし、そもそも130,000ルピアと11,5000ルピアの差はせいぜい120円ぐらいだから。

消化器アート

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港第3ターミナルには、いたるところにアート作品が展示されています。絵だったりオブジェだったり。

その1つが消火器アート。こんな感じです。

スカルノハッタ国際空港第3ターミナルの消火器アート
スカルノハッタ国際空港第3ターミナルの消火器アート

スカルノハッタ国際空港第3ターミナルの消火器アート

他にもたくさんありました。

スカイトレイン

1年ちょっとぶりにスカルノハッタ国際空港に来てみたら、あれこれ変わっていました。その一つが、スカイトレインの導入。

スカルノハッタ空港スカイトレイン

ターミナルの外に高架のモノレール(?)が出来上がっていて、2車両編成の車両が第3ターミナル Ultimet(主に国際線)⇄第2ターミナル(主に国内線)⇄空港駅(他の路線と接続しているのかな?)⇄第1ターミナル(LCCのLion Air)の区間をおよそ13分間隔で運行していました。運賃はちろん無料です。

スカイトレインの路線図
スカイトレインの路線図
スカイトレインの時刻表
スカイトレインの時刻表

以前はタクシー(数分の乗車で100,000ルピア、約900円ぐらいを請求される)が嫌ならシャトルバスを使うしかなく、収容能力が低い上に重たいスーツケースを車体後部のトランクルーム(地面から1mぐらいの高さの)に入れたり出したりする必要があったけど、電車だから引いて乗れます。これは楽でいいですね。

また、スカイトレインの駅は冷房が効いているのもありがたいです。よって 国内線へのLayover(乗り換え時間)が長い場合、古い第2ターミナルや第1ターミナルよりも駅で過ごした方が快適かも。