TBSラジオのアプリはこうするしかないな

TBSラジオCLOUDの評判がすこぶる悪いらしいので、今ごろTBSラジオではアプリ計画を真剣に詰めていることでしょう。広告商売をしている以上、これまでPodcastでTBSラジオを聴いていたリスナーが他局のPodcastに流れて相対的なプレゼンスが低下するのは拙いはずだから。

ただし、TBSラジオCLOUDアプリなんて作ってもユーザーの評価は上がらないかと。現行のTBSラジオCLOUDの仕組みだと、アプリで改善できるのは複数エピソードの連続再生や未再生/再生済み表示ぐらいだろうから。

そこで私ならこうするという案を考えてみました。

TBSラジオPodcastアプリのアイコン案私が決定権者ならTBSラジオCLOUDアプリではなく、TBSラジオPodcastアプリにしますね。ストリーミングではユーザーのニーズに十分に応えられないので。

まず、配信番組に独自のDRMを掛けるかPodcastのプロトコルに独自の拡張を加えて専用アプリでないと聴けなくします。前者だと他のPodcastアプリで聴こうとしてエラーが出るから後者が妥当かな。TBSラジオの番組専用だから独自仕様プロトコルになっても不都合はないでしょう。

そして専用アプリでは最初にユーザー登録を求め、住所や年齢、性別、興味がある分野などを訊ねます。

あとは一般的なPodcastアプリと同様。番組をダウンロードしたら、エピソードをまたいで連続再生できるようにします。倍速再生や中断した箇所から再開する機能も盛り込みたいところです。

ただし、アプリの起動時や各エピソードを再生する際にはユーザの属性に応じた広告をスキップ不可状態で流します。また、広告が最後まで再生されたらアプリがサーバーにフィードバックします。LINEの既読みたいなものですね。Podcastアプリは定期的に新規エピソードの有無を確認するので、その際のパケットに乗せれば良かろうと。

この方式の難点は再びPodcast配信用のサーバーが必要になり、応分のコスト負担が発生すること。でも、おかげで本来の広告ビジネスが成り立つようになります。果たしてそれでコストを相殺できるかは解りませんが。

そしてリスナーにはダウンロードという最大のメリットを提供できます。望むなら特許を申請したり、他局に相乗りを働き掛けても良いでしょう。マージンを受け取って他局の番組も配信してあげるとか。

TBSラジオCLOUDでは聞き漏らす

TBSラジオの番組がPodcastで配信されている頃、私はiPhoneに以下のプレイリスト(ステーション)を作っていました。

  • 朝の通勤電車用 :荻上チキ・Session-22、森本毅郎 スタンバイ!
  • 帰りの通勤電車用:たまむすび、荒川強啓デイ・キャッチ!

よって最初に一度だけ再生操作をすれば番組やエピソードをまたいで連続再生してくれたし、1.5倍速ならどちらも1時間前後で聴けて電車通勤時にちょうどいい長さでした。連続再生なので聞き漏らしもありません。

TBSラジオCLUDβ

でもTBSラジオCLOUDでは各エピソードを自力で一つずつ再生しなければならないので、3日目にはもうエピソードを聞き漏らすようになりました。今後も聴かないものが増えていきそうです。他局に良さげなPodcastが見つかれば、多分そちらが優先になるし。

TBSラジオCLOUDアプリの行方

関連エントリ:TBSラジオのアプリはこうするしかないな

TBSラジオCLUDβ

TBSラジオのPodcastが終了となり、TBSラジオCLOUDに移行したいきさつが7月4日(月)のたまむすび『竹山、ガム買ってきて!』コーナー内で語られました。TBSラジオのPodcast番組すべてで直近の月間ダウンロード数が5,000万あるのに対し、コストが年間数千万円かかっていて、その負担に耐えきれなくなったのだと。

ちなみに増強に継ぐ増強を強いられたサーバ類を社内に置いて運用していたのか、外部のホスティングサービスを使っていたのかは語られませんでした。それ次第では聞く人が聞けば5,000万ダウンロードに対して数千万円/年(1千万円ちょいなのか9千万円に近いかでも大違いだけど…)が高いのか安いのか解るかと思うのですが…。

とはいえPodcastでは以下の理由で広告が成り立ちにくいそうで。

  • ユーザーの属性(年齢や性別)を知る術がなく各々に相応しい広告を流せない
  • ダウンロードしても聴いているとは限らない

確かに。私もいくつかのPodcastはダウンロードだけしといて「いつか聴く」扱いになっています。

よってTBSラジオに残された選択肢は三つ。

  1. Podcastを止める
  2. Podcastを課金制にする
  3. 広告ビジネスが展開できるTBSラジオCLOUDに移行する

そして「何とか無料で続けたい」という思いから3に決まったのだそうな。元が電波放送であるラジオ局としては至極妥当な考え方ですね。よって今後、TBSラジオCLOUDのWebサイトや各番組には容赦なく広告が入っていくのでしょう。

個人的には「TBSラジオのPodcast聴き放題で500円/月」とかなら喜んで払うけど、それが少数派だったら成り立ちませんしね。

また、ストリーミングサービスの評判がすこぶる悪いこともTBSラジオは十分認識していて、その解決方法の一つとしてアプリ化を検討しているそうな。でも、それにもコストがかかるのでリリース時期などは未定のようです。無理もないか。仕様にもよるけどiOS版とAndroid版のアプリ開発には数百万かそれ以上のコストがかかりそうだもの。その額によっては「Podcastを続けた方が…」ってことにもなり兼ねないので計画倒れに終わる可能性も無きにしもあらず。TBSラジオ専用のアプリにどれだけ需要があるかも不明だし。

そこで私が一つだけ有望かなと思うのが、日本のラジオ業界を巻き込むこと。具体的にはTBSラジオも出資しているradikoにバージョンアップを働き掛けると。Wikipediaには以下の記述があることだし。

radiko公式は放送番組を後から再生するタイムシフト機能を2015年内を目標にリリースする意向を示しているが、2016年4月の時点で正式な機能としては開始されていない。

タイムシフト機能だとTBSラジオCLOUDと大差なさそうだけど、タイマー録音機能がつけばPodcast風に使えます。有料の追加機能でもいいでしょう。

とはいえradikoを海外で聞くにはVPNを介在させる必要があったり、番組内の楽曲の扱いをどうするかといった大人の事情の懸案もあるのだけど…。

それに私が時々行くフィリピンやインドネシアではWi-Fiが超低速な場合が多いので、ほとんど使い物にならないかと。これがPodcastなら気長にダウンロードの完了を待てばいいのだけど。

TBSラジオCLOUDはいつまで持つだろう

関連エントリ:TBSラジオのアプリはこうするしかないな

ここ数日、私のこのblogへのアクセス数が急増しています。アクセス時の検索キーワードを確認すると以下のような感じ。

  • tbsラジオクラウド 使いにくい
  • tbsラジオクラウド 不便
  • tbsラジオクラウド アプリ
  • tbsラジオ 使いづらい
  • tbsラジオクラウド 保存

また、日本だけでなく各国からのアクセスも多いようです。

つまり、TBSラジオのPodcastは世界中で親しまれてきたけど先月いっぱいでサービスが中止され、TBSラジオCLOUDによるストリーミングに移行したものの、あまりに不便なので改善する方法はないか探しているのでしょうね。

TBSラジオCLOUD

差し当たりストリーミングの番組を簡単にダウンロードできれば不満もある程度解消されますが、サーバーがそれ用に設計されていないと無理でしょうね。

ならばラジオ聴取アプリで番組を丸ごとタイマー録音する方法でもいいかもしれません。不要な箇所は飛ばしながら聞くと。私が探した範囲ではiOS用アプリはなかったけどAndroid用のRazikoというアプリならできそう。諸々制約があるようですが。

というわけでTBSラジオにも苦情や改善要望が数多く寄せられていると推測します。もちろんコスト負担が理由で止めたのだから改善の目処が立たなければPodcast再開とはいかないでしょうが、そうは言ってもプレゼンスの低下も由々しき問題かと。経営者としては悩ましいでしょうね。せっかく他社よりも多大なコストをかけてPodcastによるリスナーを増やしてきたけど、その反動で皆がTBSラジオの番組を聴かなくなり、他局に流れるのは皮肉だし。

GoogleやAmazonやその他の企業がPodcast用のサーバーをもっと安価に提供してくれるのが理想だと思うけど、どうなのでしょう。

TBSラジオCLOUDアプリを早く出してくれ

関連エントリ:TBSラジオCLOUDTBSラジオのアプリはこうするしかないな

TBSラジオのPodcast配信が6月いっぱいで終了したので、しかたなくWebのTBSラジオCLOUDを利用して番組を聴いています。でもこれ思いっきり使いにくいですね。

TBSラジオCLOUDのアイコン

iPhoneのホーム画面にWebサイトのアイコンを登録しておけばタップ操作で簡単にアクセスできるのだけど、何かの番組を再生中にSafariで別のWebページを開こうものなら再生が終了してしまいます。

同じくTBSラジオCLOUDの番組を再生中にホーム画面でTBSラジオCLOUDのアイコンをタップしても、Webページのリロードが発生するため、やはり再生が終了してしまいます。

そして再生中の真っ黒の画面左上の「完了」をタップした場合も再生が終了します。

よってTBSラジオCLOUDの番組を聴く場合、iPhoneが半ば再生専用機になってしまうわけです。

さすがに電話を受けた時は通話が終わったら再生に戻るようですが。

しかも続きから再生を再開することもできないので自分で未聴取箇所を探す必要があります。15秒戻る/進むのボタンもありません。つまるところ単なるWebページですからね。

でも個々のWebページに音源のファイルを貼り付けるのは、Youtubuが流行る前、あるいはPodcast登場前みたい。10年かそこら逆戻りしてしまった印象です。

もっと言うと番組の再生を始める手順も以下の通り冗長。

  1. TBSラジオCLOUDのサイトにアクセス
  2. 番組を探す
  3. 「プレイリストへいく」ボタンをタップ
  4. 聴きたいエピソードをタップ
  5. 「この放送を聴く」ボタンをタップ
  6. 再生ボタンをタップ

そんな感じでTBSラジオCLOUDのストリーミングサービスは不便すぎです。

とは言え多様な番組を配信していたTBSラジオにとってPodcastサービスには年間数千万円規模のコストがかっていたらしいので簡単には戻れないでしょう。代わりに専用アプリのリリースを予定しているとのこと。ならばそちらを早くお願いしたいところです。じゃないとTBSラジオは聴かなくなりそうだから。

でもなあ、仮に専用アプリをリリースしたとしても、ダウンロード機能を持たせるならやはりダウンロード対応のサーバが必要なので運用・保守コストが嵩みます。それでもアプリなら年齢や性別、住所などを入力させ、それに応じて相応しい広告を流すことは出来るようになるけど、果たしてそれでコストを賄えるかどうか。

ともかくリスナーがPodcastという進歩したテクノロジーに慣れてしまった以上、不便なサービスに先祖返りしては利用者離れが加速するだけ。アプリなり何なり早く打開策を打ち出してもらいたいものです。

結局のところPodcastを低コストで実現する術を模索するしかないんじゃないでしょうかね。