Nikon D7000用水中ハウジングの続報

今年のDEMAショーの出展は小粒、目新しい新製品が少なかったという印象なのですが、ここに来てNikon D7000用水中ハウジングの情報が続々と掲載されるようになりました。

まずはNauticamから。

Nauticam D7000ハウジング(前面)

Nauticam D7000ハウジング(背面)

DEMAショーでも展示されていたようですし、 この通り、プロトタイプは既に完成しているみたいです。前々作のCanon EOS Kiss X4と同様、バッチン錠なしの最新設計ですね。設計的には文句なし。ボディ+ハンドルのみで30万円くらいかな。

余談ですが、D7000用がこんなに早く形になったということは、発売が半年も遅れたSONY NEX-5用の時は、まともな対応レンズがなくて発売できずにいたのかもしれません。苦肉の策でニコノスレンズを引っ張り出してきて、なんとか体裁を取り繕って発売にこぎ着けたとか…。

次にIKELITE。

IKELITE D7000ハウジング(前面)

IKELITE D7000ハウジング(背面)

相変わらず大振りの箱のポリカーボネイト仕様ですね。60m耐圧で$1,500というと約126,000円ですか。多分Nauticamの半額ぐらい。国内の代理店が現れ、メンテナンス体制を整えて輸入販売してくれるようになれば、選択肢に入れても良いかもしれません。

そうそう、先月カパライでIKELITE製ハウジングの実物(もちろん別機種用の)を初めて見ました。あいにくゲストは多国籍で誰の持ち物かも解らなかったのですが、IKELITEは米国のメーカーなので米国圏などではポピュラーなメーカーなのでしょうね。

そしてAquatica。

Aquatica(前面)

Aquatica(背面)

価格は$2,499。水深130m(!)までOKという触れ込みですが、我々日本人にはIKELITE以上に馴染みのないメーカーなので、ハウジングの使い勝手は未知数。購入の選択肢に入れていいかどうかは、やはり国内代理店とサポート体制次第でしょうね。

私は今後も日本在住のはずなので、今のところNauticam以外に有力な選択肢はない感じです。

ダイビングフェスティバル改めダイブビズショー

ふと気になって来年もダイビングフェスティバルが開催されるのかと検索してみたら、来年はDIVE BIZ SHOW(ダイブビズショー)2011という形に変わるようですね。

ダイブビズショーのバナー

開催場所は有明ビッグサイトではなく新宿に変更。期間も3日間から2日間に短縮。しかも1月27日(木)と28(金)の平日です。ま、今年までの惨憺たる状況を考えると、致し方ないのかもしれません。私は10年ほど前から毎年見学していますが、年々寂しくなっていくのを感じていました。昨年まではアクアマリンふくしまから出張水槽が陣取っていて、ネコザメやらを触れたりもしたのですが、今年はそれもありませんでした。

元来、機材メーカー系は2月のダイビングフェスティバル、ツアー系は4月のマリンダイビングフェアという棲み分けだったものの、近年のダイビングフェスティバルは出展者が減り、必然的に敷地面積が縮小して、ここ数年はハワイアンなんとかとの抱き合わせ開催でしたし。

かつては八重山観光コーナーで泡盛を振る舞ってもらい、ぐっと飲み干すと嬉しそうにまた注いでくれたり、メキシコのコーナーでテキーラを飲む際にはメキシカンが笛を吹きながら頭を揺すってくれたりと、酒飲みには何かと楽しいイベントだったのですが…。

まあ平日でも新宿なら少し見学できそうなので行ってみようとは思います。最新のダイビング機材や水中撮影機材には関心がありますので。

でも、まさか入場が有料とかにはならないですよね?

Jet Finのスプリングストラップはダメだな…

夏に元のストラップがちぎれたため、Jet Fin Revoにスプリングストラップを付けたわけですが、ダメですねこれ。

なぜかというと…。

フック破損

この通りです。フィンを履こうとしているときに引っ張ったら、あっさりちぎれました。まあ樹脂なので耐性が弱いのはしかたがありません。私も筋力がある方だし…。

ただ、この商品が拙いのは、同パーツを新品に付け替えようとするとスプリングストラップの根元のネジやその周りを分解しなければならない点です。

ネジはいいとしても、このスプリングの根っこのパーツを分解して取っ手のパーツを交換した後、また付け直すのは至難の業でしょう。

接合パーツまあ、スプリングストラップのアイディア自体は悪くないので、もっと工夫してもらいたいものです。例えば「ブーツのかかとに接触する面」と「外側の面で取っ手付き」の2枚構成の張り合わせ構造にするとか。そうすればスプリング自体はフィンから取り外さずに樹脂パーツだけ交換できるので。いや、スプリングの根っこのパーツをネジ止め目貼り合わせ方式にするのが簡単のような気がします。

ちなみにmic21のスタッフに尋ねたら、Jet Finユーザであってもフィンの側面を少々改造してapolloのBio Fin用スプリングストラップを取り付けるのが密かに流行っているのだとか。あちらはネジを外すだけでハンドルパーツを交換できますしね。今回、メーカーの無償か安価な修理が利かなければ、私もそうするかもしれません。

ePub日本語拡張仕様策定が事業仕分けを食らった件

11/16、新ICT利活用サービス創出支援事業が事業仕分けで予算計上見送りの判定を食らいました。ePub日本語拡張仕様策定なども水を差されたわけですが、まあ当然でしょうね。私もUstreamを見ていましたが予算要求する側の説得力が乏しかったので。もっとも事業仕分けには法的拘束力がないので実際に予算が付かないかは解らないのですが。

要求側の主張はこんな感じだったかと。

  1. 国が予算を付けなければ標準化は行われなず、日本で電子書籍のビジネスがシュリンクする
  2. 企業ごとにフォーマットが異なればコンテンツの囲い込みが進んで国民にとって迷惑
  3. 放っておけば3グループに分裂する状況

それって何なんだか。1や3は単に出版業界の足並みの悪さを嘆いているだけですし、2に関して言えば、もう既にたくさんの書籍がiOSアプリとして登場しています。もちろん既刊本、新刊本の総数からすれば僅かですが、少なくともePubの日本語拡張仕様を待たなければ出版ができないといった状況ではなく、iOSアプリは他の機器では動かないので事実上の囲い込みもとっくに発生しちゃっているわけです。

百歩譲って策定した日本語拡張仕様が早急にePub規格に採用されたとしても、果たしてiPadで先頭を行くAppleがiBooksにそれを実装してくれるかは不明です。というか多分やらないと思います。なぜなら10年くらい前までの「Appleにとって日本は米国(英語圏)の次に重要な市場」だった頃とは大きく事情が変わってきていますので。頼みの中国語もとっくに横書きに切り替わっていますし、いまさらAppleが日本ローカルの事情を優先的に汲み上げるようなことはしないだろうと。GoogleやAmazonもそう。なにしろ日本の産業界は彼らを「黒船」と称して半ば敵視している感もありますし。

まあ、日本語拡張仕様対応のePubビューワは国内メーカーが各デバイス向けに開発するにしても、そもそも「ビューワの都合で改ページ、リフローされてはかなわん」という作家もいるはずです。物理サイズが固定される紙の本ならカッチリとした禁則が利いていたものが、ePubではデバイスの表示サイズに合わせてリフローされる結果、往々にして「適当な禁則」に成り下がってしまいがちです。一行あたりの文字数が少なすぎたり、変な区切りで次ページに泣き別れたり…。これに耐えられない作家は少なからずおられるはすで、やはりPDFかアプリとしての配布を望むでしょう。

穿った見方をするなら、ePub日本語拡張仕様、フォーマットの標準化うんぬんは、国内の著名な作家の方々に対して「もうすぐ状況が整うから、どうか海外の電子出版会社と組むようなことはせずに待ってくれ」という、国内出版業界の後ろ向きな防衛戦術のような話なんじゃないかとも思えてなりません。

ともかく、ePub日本語拡張仕様策定の方は今年度の予算でいいところまで行っているとも聞きますので、私も仕分け人と同意見でわざわざ予算をつけて国が関与すべき話ではないと考えます。それにIT系ビジネスの世界では先に主導権を握った者が往々にして勝つわけで、うだうだやっていれば周回遅れになるだけです。ここで勝負をかけたい企業は、そんなことに惑わされずに、自身が最も妥当と考える方式でもって、さっさと実績を作りにかかった方が得策でしょうに。

◆◆◆

追記。

このエントリを書いた後に「どうやらAppleはWebKItに日本語拡張仕様を盛り込もうと頑張っているらしい」という噂を聞きました。

現状でもSafariはルビに対応しています。ただし行間隔が無残に開いてしまいますが…。

もちろん真偽の程はわかりませんし、それが本当でも途中でキャンセルにならないとも限らないでしょう。でも、これをやられるとまたAppleやGoogleに美味しいところを取られ、主導権を握られてしまいます。ローカル言語による一種の参入障壁があっさり乗り越えられて、国内メーカーは後追いせざるを得なくなるような…。ならば来年度の活動なんてのは無意味なわけですから、やはり仕分けられて当然です。仕様が決まればさっさと実装して市場で展開した者が勝ちなんだから。

Nikon D7000用水中ハウジングの最新情報

いよいよ米国ラスベガスでDEMA Show 2010が始まりました。各社の展示内容や詳細はいずれ情報がまとまった頃にWebを読みあさってみるとして、今回はD7000ハウジングの話を。

ここにきてコンデジの限界を痛感するようになったので、私は来年2月ごろを目処にデジ一の水中カメラセットに移行しようと考えています。候補はNikon D7000。本当は小振りなSONY α55がいいのですが、私が最も期待しているNautimamから対応ハウジングが出るような話を聞かれないので。D7000は中級機の位置づけなのでα55よりも数万円高く、250gほど重くもなりますが、まあしかたがありません。

さて、Nauticam D7000用ハウジングですが、案の定Fishyeyeのサイトでは発売日が当初の11月→12月に変更されました。

ノーティカムのバナー

↓ ↓ ↓

D7000ハウジングのバナー

D7000はD90とほぼ同じ前面デザインなのですが、だから工期が半分ですむような話でもないでしょうから、たぶんもう一回ぐらい延期になって1月か2月の発売になるのだと思います。彼らは仕事遅いですからね。

そしてようやく本家NauticamのサイトにもD7000用水中ハウジングの情報が載りました。

D7000ハウジングのイメージ図

筐体のグレーは最終的にはいつものブラックに仕上がるでしょう。他にもこの画像からCanon EOS Kiss X4用ハウジングと同様の機構が採用されそうだという点が見て取れます。前後のパネルの接合にバチン錠ではなくロック付きレバーを用いる方式ですね。動画撮影も右手親指でピアノキーをワンプッシュかな。

DEMA Showでも展示されていたのではないかと思うので、期待して続報を待ちたいところです。