ANAマイレージは使い勝手が悪い

何とかして安価にセブに潜りに行かれないかと画策中です。

本命は4万マイル弱が貯まっているANAマイレージを使うパターン。レギュラーシーズンならマニラに20,000マイルで行かれるので。

ANAの特典航空券への必要マイル数

燃油代と諸税が約19,000円。マニラ⇄セブの国内線がCebu Pacificなら約5,800ペソ(預け荷物30kg枠込み)、円換算だと13,000円ちょっとかな。ならば3万円代半ばで行かれますね。安い宿を使えば空港送迎を頼んでも旅費が5万円に収まりそう。ANAはマニラの第3ターミナル(LCC用ターミナル)の発着なのでCebu Pacificへの乗り換えも楽だし。

ただしANAの特典航空券は取りにくいことで有名です。飛行機好きの仲間に聞いた話では、JALは空席次第でマイレージを特典航空券に換えられるシステムだけど、ANAは便ごとに規定の座席数の枠内でしか換えられないそうな。そのため良日程はすぐ埋まってしまいます。いくら便に空席があっても、特典航空券の席数が埋まっていれば引き換え不可。この点は明らかにJALに劣っているので、何とか改善してもらいたいものです。

他にもマイレージをSKYコイン(ANA限定の電子マネーみたいなサービス)に換金して航空券を買うという手段はあるけど、そうするとレートが著しく悪くなります。例えば羽田⇄マニラの航空券(燃油、諸税込み)は 61,210円とかだけど、20,000マイルは26,000円相当のANAコインにしかならないので必要額に到底届きません。40,000マイルでも60,000円分です。

ANAとしては売り上げに繋がるSKYコインの利用を促したいのだろうけど、マイレージからのレートが半分かそれ以下に下がるSKYコインで航空券を買うのは躊躇われますよね。

ならばANAマイルで取れる日程で行くしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください