150本ダイバー限定ツアー?

昨日、行きつけのスポーツクラブ内のダイビングショップに顔を出したところ、馴染みのメンバーの一人が来ていて、スタッフに「通算150本以上の人限定のダイビングツアーを作ってくれ」と頼んでいるところでした。ちなみに150という半端な数は彼がそのくらいだからという理由らしいです。200で区切られると自身も参加できなくなるそうで。

確かにそうリクエストしたい気持ちは解らなくもないです。スクール主体のその都市型ショップが開催するツアーはどうしてもビギナーとシニアに向けたものになりがちなので、私も何かしら理由(仲が良かったスタッフのお別れツアーとか…)がなければ参加しませんし。

そして彼曰く「ある程度の経験を積んだ人だけでツアーを組めばもっとダイナミックな海にも行かれるし、サポートも要らないので同行するスタッフも楽なはずでしょう?」とのこと。確かにその通りかもしれません。

加えて「ビギナー&シニアばかりにフォーカスするのではなく、経験者にもケアを振り向けた方がビジネスとして有益なのでは?」と。こちらはどうでしょうかね。こなれた経験者とこれから機材を買いそろえたりスペシャリティコースにも挑まんというルーキーとでは断然客単価が違いますし、その大手のショップは何よりも「より多くのダイバーを世に送り出すこと」を使命と考えているようにも見えます。業界を見渡すと、スリムな経営でリーズナブルなショップやスパルタ指向でマニアックなショップがある一方で、お高いなりの敷居の低さと手厚いサポートで差別化するショップにも意義があろうと。

で、何のことはない、条件付きツアーを頼むくらいなら、仲間内で誘いあって思い思いの海に行く方が早いですよね。ショップスタッフと一緒には行かれないにしても、それはツアーが組まれなかったときも同じことです。世の中には「一見さん大歓迎!」的なダイビングツアーはたくさんある(と言うか大半がそうなのでは?)わけですし、交通手段・宿・ダイビングサービスをバラで組み合わせれば少々割高でも選択肢は無限です。たとえ一人で申し込んでも、どこのダイビングサービスも良くしてくれます。わざわざ同行スタッフの費用を上乗せしてまでツアーを敢行しなくても。

と言うか、放っておいてもいいベテランに過大なリソースを割いていないからこそ、ビギナー&シニアに対して十分なケアが出来ているのだという考え方も成り立ちますよね。彼らにしてみれば「我々が提供する万人向けの定食に満足できないときは、どうぞお好みのレストランに行って食べてください」ってな感じではないでしょうか。食べ物の世界とは違って大手のチェーン店の方がお値段が張ったりしますが…。

古顔の彼が今現在どのような状況にあるのかはよく知りませんが、要は「その気(自分が行きたいところに行く)があるか?」、そして「誘いに乗ってくれる友人なり仲間がいるか?」「誰かから誘ってもらえているか?」ってことなんでしょう。まあ、時が経つにつれ、かつての仲間が家庭の事情やらで足が遠のき疎遠になるというのは世の常ですが…。

ちなみに私は最近は仲間と連れ立ってどこかに行くことが多いものの、ある特定の季節にだけは、なるべく一人で行きたいと思っている海とショップがあったりもします。

Excelで旅行申し込みなんて…

先日、とある旅行会社に海外ツアーを申し込んだところ、所定のExcelファイルに記入して送り返してくれと言われました。社内文書じゃあるまいに。どうもパソコン(それもWindows。圧倒的なシェアがあるので)に慣れた人(会社)はそれが普遍的だと思う傾向があるのではないかと。つまり「Web経由で申し込むような人は皆パソコンは使えるはず。ならば当然MS Officeも入っている」といった具合に。解らなくもないのですが、ちと無理もあろうかと。

例えば、近年はコンプライアンスや情報漏えい対策の観点から、データ類を持ち帰れない会社も増えていると聞いています。そのため日頃からパソコンを使っている人であっても、自宅にはパソコンを持っていないか、持っていても趣味に使うだけなのでMS Officeを入れていない人も大勢います。Open Officeなどの無料の代用製品もありますが、そもそもそういった人は自宅でまでその類いものを使いたくないからこそインストールしていないわけです。

結局、その旅行会社に交渉して、パスポートのデジカメ写真と緊急連絡先を知らせるだけで良い事にしてもらいましたが、この先もパソコンよりケータイ/スマートフォンが重要な役割を担う傾向が進むのですし、いくら何でもExcelはないでしょう。

今の時代、以下のような手順がベストだろうと思います。

  1. 代表者がツアーを申し込んだらツアー参加者用のURLが書かれたメールが送られてくる
  2. 代表者は参加メンバーにメールを転送する
  3. メールを受け取った人は、パソコンまたはケータイからサイトにアクセスし、Webフォームに必要事項を入力する
  4. 参加メンバーの誰かが入力を完了すると、代表者にお知らせメールが届く

こうすれば、代表者がメンバー各人から個人情報を集めて申し込ような手間もなくなります。


パラオ6日間4ダイブが278,000円!?

表題は馴染みのダイビングショップが計画しているスタッフ同行ツアーの概要です。9/18~23、JAL直行便、ロイヤルホテル利用。連休絡みですが、それにしても凄い価格設定だ…。

もっとも決して割高なわけではありません。ターゲット層はビギナーとシニアなので。経験の浅い友達どうしでは不安だったり、お気に入りのインストラクターと一緒に行きたいような方々ですね。とは言え、あまり良心的ではないとは思います。いくら何でも4ダイブという設定はないだろうと。

ジェリーフィッシュレイクのタコクラゲパラオからの帰国便は深夜発でその前日は潜れないためアクティビティに充てるのが常。美白の泥パックやクラゲの湖、シーカヤックなどですね。だとすると、通常2日目~4日目がダイビング。一日2本ののんびりペースでも6本。なのにこのツアーでは5本目以上はオプション扱いになってしまいます。せっかくだからと日に3ダイブ潜れば、オプションダイブが5本。結構な出費になりますよね。雑誌に載っている一般のツアーと比較すると、スタッフの引率代は10~12万円くらいでしょうか。

しかも9月のパラオは要注意な時期。以前ほど季節は明確ではないようですが、それでも9月が台風シーズンであることには変わりはないはず。近くに台風や熱帯低気圧があれば沖に出られなかったり、下手すると船も出せなかったり。もし直撃を食らえばホテルに缶詰め。ロイヤルホテルはビュッフェが充実しているとは言え3日も閉じこめられた日には…。まあ、そこは運ですが。

そうは言っても、このようなタイミングでしか長く休めない人もいるでしょうから、高額だろうが時期が悪かろうが参加者が集まるならそれはそれで結構。私なら別の時期に行くことを考えますが。

ショップ主催のダイビングツアーについて考えてみる

私は20年近く某スポーツクラブに通っていて、そちらにはダイビングショップも併設されています。そのため、たまに馴染みの深いスタッフが同行するダイビングツアーに参加します。でも、その度に後悔するのですよね…。

スクールが主体の都市型ダイビングショップが開催するツアーの参加者は、どうしても半数ほどがビギナーかシニアになりがちです。例えば昨夏の与論島ツアー。関東各店舗からの参加者の最高齢が70歳の男性と聞かされ「うーん。でも体力ある人なら良いか」と思っていたところ、現地で関西店舗から80歳ぐらいのお婆さんが合流してきて…。

そのためか1ダイブは35分程度と決められていたようです。ただし、そういったメンバー構成だと誰かしらが潜行や耳抜きに苦慮してボートからのエントリに手間取ります。しかたなくアンカー下で待つこと5分から10分。もちろんアンカー付近の岩場には、さして生き物もいません。

そうして全員が海底に揃い、各自がOKサインを出せればようやく海の中を探索できるわけですが、ちょっと移動したら今度は会報紙やホームページに載せるための記念撮影。見晴らしの良い砂地か岩場に集まるのですが、それにも手間取ってこれまた時間をロスしてしまいます。

その上、移動開始から15分くらい経つと最高齢のお婆さんは早くも「上がりたい」のサインを出します。仕方なくチームは帰路コースに乗り、まもなく水深5mでの安全停止。どのダイビングもそんな調子で、まともに水中を見られたのは1ダイブあたり15分ぐらい。一つところにも5分と留まらないのでマクロ生物を探せるでもなく、あっけなく終了。まるで観光名所を足早に回るだけの味気ないパックツアーみたいな感じでした。

カメ
与論島と言えばカメ

何というか、この手のダイビングツアーは自主的に卒業しなきゃいけないのでしょうね。ショップのスタッフは商売です。目ぼしいツアーには必ず誘ってくれます。旅の一行に古株を混ぜておくと何かと都合がいいという面もあるのでしょう。スタッフが手いっぱいの時に代わりに未経験者をサポートしたり、各々が楽しかった海の経験を話して聞かせたりもできますから。でも、こちらとしては、あちこちの海を見てきて要求の水準が高くなっているので、ビギナー&シニアのお試しコースにつき合わされても欲求不満、消化不要が残るのですよね。

しかも、現地に赴くまでチーム編成は確定しなかったり、人員配分の都合でベテランとビギナーでは分けられなかったり、一隻のボートではビギナーに不向きな海域には行かれなかったり…。かと言って「経験本数200本以上かつ50歳未満限定」といった条件付きツアーでは、そもそも人が集まりませんし。

私の場合、スポーツクラブに汗を流しに行けば必ずダイビングのスタッフにも会います。そして顔なじみのお店の売り上げに貢献してあげたい気持ちはあります。そうやって地域経済を回していくべきでしょう。私もビギナーの頃にはお世話になりましたし。

でもなあ、そうは言っても需要と供給が合致しないことには…。

機材軽量化計画

多くのダイバーにとって悩ましいのが飛行機に預ける荷物の重量制限。例えば私がよく利用するフィリピン航空は一人20Kgまでです(有料のスポーツプラスに入会すれば緩和され流けど)。

成田発の往路は寛容でも外国からの復路は厳格というパターンは多々あります。一般的な機材一式は15Kg前後だろうから、プロテックス(8.4Kg)あたりを利用していれば簡単にオーバーしますね。超過料金を払うのもシャクなので、BCDをはおりレギュレータを首に巻いて「これはファッションだ」と言い張ってシートに座る…というのは昔先輩ダイバーから聞かされたジョーク。でも機材一式はなるべく軽くしたいところです。

と言うことで数年前、まずオクトパスを外しました。私のインフレータにはAir2を付けてあるので、他者がエア切れになった場合はレギューレータの方を渡し、自身はAir2から空気を吸うことになります。

次にゲージ。私が最初に買ったのはコンパス&残圧計&ダイブコンピュータが付いた大きめのもの。今でこそダイコンはリストタイプが当たり前だけど、私が潜り始めた93年頃はゲージのゴムカバー内に埋まっていたりしたものです。で、数年前、使っていたダイコンの電池が切れたのを機にゲージを残圧計のみのものに替えました。

購入に当ってはサイズが小さく見栄えが好みに合うものを探したところ、Cressi-SubのMini Pressure Gaugeを発見。

Cressi-Sub Mini Pressure Gauge

ただし、その時点では日本国内で流通していなかったので米国の販売店から個人輸入。貧乏性な私は時々この買い方をします。なにしろダイビング機材はアメリカで買うとけっこう安かったりするので。ちなみにこのときのMini Pressure Gauge(Mini SPG)は$74.99でした。

そして後日、届いた残圧計を見てびっくり。目盛りの数字に3000やら4000など見慣れない数字が…。

Cressi-Sub Mini Pressure Gauge US Model

どうやらPSI(立法インチ)という単位らしいのです。なるほど米国ではそれが当たり前なのでしょう。少し面食らったものの、違うのは単位だけなので気にせず使うことにしました。大まかに言うと3000psiが約200barなので1500psiが100bar、そして1000が70に相当。針がレッドゾーンに差し掛かれば50未満で要注意。これくらいが判断できれば事足ります。

なお、Mini Pressure Gauge(bar仕様)は後日、日本でも発売が開始されました。

オクトパスとゲージで合計1Kgぐらい軽くなったかな。意外に微々たる軽量化でした…。