マクタンでカジキを目撃

セブ国際空港があるマクタン島の海はともすると軽視されがちですが意外に侮り難いものがあります。昨年の3月はマリバゴの船着き場を出て数分のところでマンタが水面ジャンプするところに出くわしました。もちろん時折イルカが視界を通りすぎることもあります。

そして今回はダイビングのインターバル中にボートから10mほど離れたところでカジキが跳ねました。悲しいことにちょうどパノラマ写真を撮っていたときだったためカメラを構え直すも間に合わず。もうひと跳ねしてくれれば撮れたものを、残念。まあ、見れただけでもよしとするか。

以後、ボート上では必ずカメラを手元に置いておくことにしたのですが、待ち構えているときには何も出なかったりするんですよね。

 

リゾートホテル評(マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート)

5月のダイビングはいつものフィリピンはセブ州マクタン島です。宿泊はマリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート(Maribago Bluewater Beach Resort)。かの地のこのクラスでは大型のホテルになります。

割り当てられた部屋は119号室だったのですが、はっきり言って狭い。スーツケースを展開しただけで通路が塞がってしまう感じ。今まで使ったことのあるマクタン島のホテルでは一番狭かったです。

ブルーウォーターの室内

でもドライヤが据え付けなのはGood。歯ブラシも置いてありました。どちらも現地の安ホテルには珍しいサービスです。

そしてブルーウォーターの名物は何といっても充実した朝食のビュッフェ。今回のツアー条件は朝食なしだったものの現地に着くと朝食付きになっていてラッキーでした。リピーター獲得には良い作戦だと思います。 以下、到着翌日の写真です。

ジュース4種
ジュース四種。 左からココナッツ、カラマンシー、スイカ、オレンジ
ミソスープ
みそ汁
シュウマイ
シュウマイ
肉まん
肉まん
マフィンとソース類一式
マフィンとソース類
お粥
お粥
ライスとお総菜
ライスとお総菜
ベーコン
ベーコンとヤキメシ
ポテト
ポテト
ビーフ
ビーフ
フィッシュ
鶏唐揚げ
トリ唐揚げ
ソーセージ
ソーセージ
乾物
乾物
菓子パン5種
菓子パン。中央の棒もパンです
パン4種
パン4種 パン四種類
パンとジャム
パンとジャム パンとジャム類各種
シリアル
シリアル
サラダコーナー
サラダコーナー
デザートコーナー
デザートコーナー

で、私が取ってきたのはこれ。大食漢には天国でしたね。

朝食

それと、かの地のホテルにしては珍しく、ビーチを歩いていても売り子に遭遇しないのは快適です。海側から部外者が容易には進入できないように上手く作ってあります。

ダイビング旅行の強い味方

ダイビング旅行で悩ましいのが飛行機の重量制限。そこでデジタル電子はかりを買ってみました。 デジタル電子はかり
ヨドバシカメラで1,550円と安価。しかも10g単位で計れる優れもの。Maxは40Kgなので不足はありません。旅の強い味方となってくれそうです。もちろん40kg級の荷物を計るには40kgを吊り下げて持ち上げるだけの筋力が必要になりますが幸い私には余裕な感じ。女性の連れがいるときは私が軽量係ですね。

デジタル 電子はかり
横長/デジタルスケール/最大40kg/風袋/吊り/はかり/秤/電子/釣り

おもしろ水中写真(#2)

私のおもしろ写真ストックから。

墜落(サイパンのタコ)

タイトル:「墜落」
撮影場所:サイパン
撮影日時:2005年7月

フィリピン人ガイドに追い立てられ、スミを吐きながら必死に逃げるタコの写真です。

水中ハウジングの専用キャリーバッグを作ってみる(3)

バッグ、インナーのクッションボックスの次は詰め物。クッションボックスにハウジングを入れただけだと不安定なので。

あれこれ考えた末に選んだのは以下の製品

発泡ウレタンフォームのスプレー缶

エアータイトフォームM

発砲ウレタンのスプレーです。約2倍の体積に膨らみながら固まるらしいので、これでピッタリサイズのクッションを作ろうと考えました。

作業に当たってはカバーおよび整形用としてアルミホイル、剥離剤としてシリコンスプレーを用意します。当初はラップを検討したものの、形状を保てないことと破砕があっても見つけづらいことからアルミホイルを採用しました。

作業手順は以下の通りです。

  1. クッションボックスの内側にアルミホイルで壁を作る
  2. ハウジングをビニール袋に入れ、それをアルミホイルで隙間なく覆う
  3. 両方のアルミホイルにシリコンスプレーを吹きつける
  4. ハウジングをクッションボックスに収納
  5. クッションボックス内に発砲ウレタンスプレーを充填
  6. 発砲ウレタンが固まるまで待つ
  7. ハウジングを取り出す
  8. カッターで発砲ウレタンの余分な箇所を切り落として整形する

で、実際にやってみたのですが、これが何とも残念な結果に…。

噴出直後の発砲ウレタンの見た目はクリーム状ですが、実際にはかなりどっしりしていてヘラの類いでならすのも厳しいほど鈍重な感じでした。

また、思っていた以上に固く仕上がりますね。指で押したときの弾力性はあるものの、我々がイメージしがちなふかふかのウレタンよりも発泡スチロールの固さに近いです。

そして何よりも厄介なのは、強力な接着性があり想定外の場所に付着しても洗い流せないこと。なにしろ水分に反応して膨らみながら固まる性質なので。アルコールやリモネン(発泡スチロールを溶かすあれ)も無力なようです。これが皮膚なら代謝でもってその内はがれ落ちますが、それ以外の場所だと固まった後に削るしかなく当然ながらキレイに元通りとはなりません。ハウジング本体に付着しようものなら大惨事です。

まあ、そうやってできたのはこのようなカタマリ。

作成中の発泡ウレタン製クッション

残りのアルミホイルをはがして整形すれば完成なのですが、もうこの時点ですでに期待していたものとはほど遠かったのでボツにすることにしました。

発砲ウレタンスプレーは型取りの目的には適さないようです。もし柔らかめで粘着性がないタイプがあれば、またチャレンジしてみたい気もしますが。