東電を破綻処理しないと日本が破綻する

経済産業省で干されている改革派官僚の古賀茂明さんによれば、東京電力を破綻させなかったことの本当の要点は、一向に収束しない事故原発や遅々として進まない被害者救済、それでいて東電がのうのうと存続していることの不条理さもさることながら、この先我々が払う電気代が際限なく値上がりする可能性が高いということだそうな。

事故当時、放射性物質を含む汚染水を海に流してしまったことで先々近隣諸国から莫大な損害賠償を請求されることが予想されるものの、当事者である東電を破綻させていないために無限の賠償義務を免れないと。

しかも電気料金は法律に基づいて自動的にコスト+利益で算出するため、損害賠償の分が我々の電気代に無限に上乗せされてしまいます。おまけにその利益分はコストに対する割合計算なので賠償額が大きくなればなるほど東電の儲けも増えるという、とんでもないからくりだったりします。

つまり、先の東電救済法案によって日本は国全体が東電の連帯保証人になったも同然なわけです。しかも東電の賠償義務は数十兆円規模にも上る可能性があります。

まあ、さすがに電気代が何倍にも値上がりすれば家計も企業も立ち行かなくなるので、東電が賠償で焼け太りする前に日本の経済が破綻するでしょうが…。

いつ、どこの国からどれぐらいの賠償請求がなされるかは不明ですが、そうされてからでは遅いので、早急にやり直して速やかに東電を破綻させて賠償能力がない状態にしておかないと。

さもなくば「東電守って国は滅ぶ」ってなことにもなりかねませんや。

iPhone5がQUICPayになればいいのに

QUICPayロゴ私は数々の電子マネーのうちJCB系のQUICPayを好んで使っています。イオンと大手コンビニ、ヨドバシカメラが対応しているので、おかげで現金を使う機会もすっかり減りました。

QUICPayの良いところはポストペイ方式であること。つまり事前のチャージが不要な点です。オートチャージの設定も要らず、使った分がクレジットカードから引き落とされるので、残高を気にする必要もありません。私はANAカードに紐付けてANAのマイレージが貯まるようにしています。

本当は同じポストペイ方式で、より提携店が多くマクドやビックカメラでも使えるiDが良いのですが、私はdocomoユーザーではなく、iDが指定するクレジットカードも作りたくないので。

また、プリペイド方式のEdyは支払い額だけでなくチャージ額にもポイントが付くそうですが、iPhoneユーザの私にはチャージ作業がネックになり敷き居が高いです。Windows用のICカードリーダなんぞも買いたくないですし。nanacoやWAONも同様。suicaも定期券利用に限ります。

よって現時点で私に最も合っている電子マネーがQUICPayでした。

さて、来月にはiPhone 5が発売されるはず。ならば今週か来週にでもアナウンスがある感じでしょうか。例年だとこの時期は新型iPodが発表されるのですが。

iPhone 5の注目の一つはNFCが載るかどうか。願わくばおさいふケータイにもなり、使い慣れたQUICPayアプリもリリースされて、多くの飲食店がQUICPayに対応してくれると良いのですが。

しかも券売機で食券を買うとiPhone内に食べたメニューのカロリーや各種成分も記録されるとか。ほんでもって確認用のiPhoneアプリを起動すると「お昼はラーメンだったので夜は積極的に野菜を摂りましょう」的なおせっかいを焼いてくれて「外食するならこの店のこのメニューがオススメ」みたいな。もっとも私は無視するでしょうけど…。

Typhoon is coming.

台風12号で被災された方々、慎んでお悔やみ申し上げます。

◆◆◆

私の唯一の自慢は強度の晴れ男であること。特に海に行くときはかなりの高確率で晴れ&凪ぎ。8月9月の沖縄旅行は一種の賭けにもなるわけですが、9月の週末が台風・台風・晴れ・台風だった何年か前の石垣島行きも見事晴れの週に当たりましたし。おかげで酒蔵巡りなどの観光には一度も行ったことがありません。泡盛は大好きなのですがね…。

さて、沖縄の南に台風14号が発生しました。明日奄美大島のあたりを通過するコースのようです。中心気圧が1,000mHpと強くはないものの、それでも今週末の南西諸島のダイビングには影響が出るでしょうね。

実は来週の木曜日夜から沖縄本島に行く予定です。3連休に1日休暇を足してで3日潜ってこようと。天気予報によれば那覇の向こう一週間は雨がちのようですが、私の希望的かつ過去の例に照らし合わせれば、前半の連休は台風お休みでお天気も良好。その先は解らないけど…ってとこですが、果たしてどうなりますか。

日本の遥か南海上ではまた新たな熱帯低気圧が発生しそうな感じですし…。

東京チカラめし

最近気に入っている牛丼屋さんが東京チカラめし。チェーン店ですが、まだ店舗数は少ないようです。

東京チカラめしの焼き牛丼

ここの牛丼の特徴は煮込みではなく焼きたての焼き肉が乗っていること。なので注文の品が出てくるまで少し待たされるものの、備え付けのコチュジャンをたっぷり付けて甘辛にすると何とも幸せな味わいになります。

カレーもスパイシーで私は好きです。牛丼屋チェーンの中では一番美味しいと思っています。

カレーライス

ただし、焼きチーズ牛丼だけは個人的にはNG。たっぷり乗っかったチーズの味が焼き肉の美味しさを覆い隠してしまう印象です。チーズを味わいたければ他所で別のものを食べた方がよかろうと。

焼きチーズ牛丼

そうそう、他は知らないけど池袋店は行くと必ずスキャットマン・ジョンの曲がかかっていますね。なぜ?

小宮山厚労相のたばこ増税案は迷惑だ

小宮山洋子厚生労働大臣が年100円ずつのたばこ増税の案をぶち上げました。健康対策と言いつつも実際は「吸わない側の怨念」でしょうね。小宮山氏は以前からたばこ増税の必要性を訴えていたので、厚生労働大臣に任命されたことでいずれこの話が出るとは思っていましたが、さっそくですか。

私も吸わないのでたばこ税は目一杯上げてもらっても一向に構いません。常々マナーをわきまえている良心的な喫煙者には気の毒ですが、歩きたばこをはばからないような連中への逆風が強まるのは大いに好ましいと思います。悪質な喫煙者はたった一人でも周りの大勢に嫌な思いをさせますし。

ただし、民主党議員全般に言えることですが総じて発言が不用意。ただでさえ野田総理は「増税がしたくてしたくてしょうがない人」と見られているわけで、皆が増税先行を警戒している中で軽々に発言しようものなら本来は通る法案も通らなくなります。その意味で小宮山厚労相のたばこ増税案はありがた迷惑です。もっと周到に事を運んでくれないと。

そうそう、ダイビング業界には喫煙者がけっこう多いですね。何かを吸うのが癖になっているのでしょうか。もちろん喫煙は個人の自由ですが、職業的には考えものです。喫煙は血管を収縮させるため血行が悪くなって寒さにも弱くなるので。無類の暑がりの私としては、ガイドが寒いからとファンダイブを早めに切り上げられては敵わんですし。