電子書籍の時代は本当に来るのだろうか?

オンザウェイ・ジャーナルの佐々木俊尚さんの回(2週目)を聴きました。前回同様、過渡期にあるメディア論は大変興味深かったのですが、中でもちょっと気になった点が。それは「村上龍さんの『歌うクジラ』の電子書籍は、横書きにも関わらずぜんぜん読みやすい」との見解。いや、もちろんここで語られているのは佐々木さん個人の感想に過ぎないのですが、それでもきっとそうなのだろうなと。なにしろ今日の日本語の文章には横文字が多々含まれているわけです。古典文芸書などはともかく、今どきの社会的な背景の文章には断然横書きの方が向いているはずです。

で、今さらなぜそんな当たり前のことを書くかというと、電子書籍の主役的なフォーマットであるePubの難点として「ルビが表現できない」「縦書きができない」という意見がよく聞かれるから。

確かにルビは日本語の書き文字文化を豊かにしてくれる重要な要素となっています。もし仮に人気漫画「ONE PIECE」なんかをルビ禁止にしたら面白さが目減りしてしまうような気がします。人の名前にしても、平易に読める字しか使ってはいけないとなると、何とも味気ないことになりますよね。

でも、縦書きの方は、そんなに必須というわけではないんじゃないかと。古典文学や文芸書が横書きでは雰囲気がそがれる思いを抱く人は多いかもしれませんが、誰もが目にしたことがある教科書を始め、横書き文書はそこら中に溢れているわけですし、慣れればどいうとうこともないのではないかと。事実、IT用語のように英数字が混在する今どきの文章では、むしろ縦書きは不利なわけです。中国なんかでもとっくに縦書きから横書きに切り替えてしまってるそうですし。

結局、ePubの縦書きうんぬんは言い訳として便利に使われているだけなんじゃないかという気がしています。皆ケチやら注文を付けたいんじゃないかと。

例えば出版社や著作者は、電子書籍による収益性が未知数、もしくは懐疑的、あるいは受け入れがたいほど厳しそうなので、なるべく先送りにしたい。そしてIT側に身を置く人は、様子見の方便に使っているか、あるいは来るべき日に自身が有利に立ち振る舞うべく表向きは牽制しているとか。「日本ではまだまだですねぇ」などと言いつつも裏では着々と対応を進めているような。

そして、「ルビ振りと縦書きさえできるようになりさえすれば…」を真に受けて、キラー的なニーズと捉えようものなら痛い目に遭いそうな気がしないでもないです。案外、それらが実現しても、やっぱり日本の電子書籍市場は、ごく一握りの有名作家(紙でも電子でも売れるような)の作品のみが売れる程度という状況が続く可能性もあるのではないかと…。

間違いだらけのヘッドフォン選び

私はしょっちゅうヘッドフォンを壊します。常日頃iPhoneをiPodとしても使っていて、収納時にヘッドフォンのコードをiPhoneに巻き付けるため、ピンプラグの付近が断線しやすいようなのです。気をつければ長持ちするのでしょうが、ついついやってしまいます。

ちなみに私はiPhoneでの通話にもヘッドフォンのマイクを利用しています。なぜならiPhone本体を使うとタッチパネルにうっかり耳が触れて不用意な操作が置きがちなのと、通話中に近接センサーが働いて画面が暗くなったまま戻らないこともあった(iPhone 3G用ケースの不具合?)からです。

よって断線する度にヘッドフォンを買い替えるのですが、iPhoneに付属するタイプでは耳に圧迫感があるため、もっぱらインイヤータイプを選んでいます。でも、マイク付きとなると選択肢が限られる上、安価な商品は当然ながら作りも音質もお粗末で…。

以下、何種類も試した上での自身の覚え書きです。

▼音量調整ダイヤル付きは選ぶな

安価な製品に音量調整のダイヤルが付いたものがありますが、買うと後悔しますね。
音量調整ダイヤルは一見便利そうですが、音量の増幅はできないため、ひたすら小さくする調整にしか使えません。

しかもダイヤルを最大に回しても他のヘッドフォンを使う場合よりも音が小さいため、iPhone本体側の音量を大きく設定しなければなりません。

▼音量調整はスライド式ではなくボタン式が良い

音量調整のスライダがついた商品もあります。私が試した中では先のダイヤル式のように音量がスポイルされるものはありませんでしたが、やはり音を増幅するわけではないためiPhone本体側の音量の範囲内での増減しかできません。iPhoneの音量が小さければ、スライダをMAXに動かしても大して音は大きくならないわけです。

ということで、音量の増減をボタンで調節するタイプが最も便利です。こちらは信号を送ってiPhone本体の音量を調整するため、最小から最大まで自由に音量を変更することができます。

◆◆◆

具体的にはradiusのRK-AHF11が一番良かったような気がしています。

Cyber-shot HX5Vの動画撮影能力に感激

今回はダイビングではなく動物園で撮った映像です。私は動物好き、生き物好きなため、カメラ練習も兼ねてよく多摩動物公園に足を運びます。以前はPowerShot G9に長いテレコンバータレンズを付けて頑張っていたものの、今はポケットに入るHX5V一台です。

私の定番のコースはお昼前後に一番奥のオランウータン区域に出向くところから始まります。動画にあるように、一番若い雌の「ミンピー」が渡しロープ(通称「スカイウォーク」)でうんていをする様子を撮るのが目当てです。他の大きな個体は足もロープについてしまうので絵のダイナミックさが欠けます。

余談ですが、現在の分類方法ではオランウータンは「ヒト科」なのですね。それと、英語の猿類の分類には「エイプ」と「モンキー」の他にも「マカク」ってのがあるのだとか(ニホンザルのような短尾種が属するのがマカク)。最近まで知りませんでした。ニホンザルは「スノーモンキー」と呼ばれていると聞いていましたので。

さて、正午を過ぎると飛び地で草をむさぼっていたオランウータン達がスカイウォークを伝って飼育場に戻ってきます。このタイミングが狙い目です。立ち位置を決め、5mmほど上空のミンピーにHX5Vを向けてズームを利かせます。さすがにx10で見上げるとなると、どんなに脇を締めて頑張っても凄まじく手ブレするのですが、アル中の人の迎え酒よろしく(?)、ひとたびシャッターボタンを半押しすると手ブレがぴたりと収まります。動画撮影ボタンを押したときも同様で、このカメラの手ブレ補正機能はかなりのものです。急に撮影が上手くなったように錯覚させてくれます。

他社の同等モデルがどんな感じかを知らないので比べられないものの、Cyber-shot HX5Vはかなり自信を持ってお勧めできる機種です。

BATTLESTAR GALACTICA完結

BATTLESTAR GALACTICAバナー

7月7日、Super! Drama TVで放映されていたBATTLESTAR GALACTICAが最終回を迎えました。

知らない人向けに紹介すると、機械人間サイロン軍の襲撃によって故郷を失った人類が、熾烈な追撃を交わしつつ伝説の星を目指して宇宙を旅するというSF作品で、このプロットはオリジナルの宇宙空母ギャラクティカ(1978〜)と同じです。また、ロボットタイプのサイロンだけでなく、人間と見分けがつかない人型サイロンが登場する点は、その続編の新宇宙空母ギャラクティカにも通じます。

カリスマ性の高い司令官アダマ、アダマの息子で優等生のアポロ、無敵のエースパイロットで快楽主義者のスターバックというメインキャラクターの設定はおおむねオリジナルから踏襲されているものの、その他の登場人物は大幅に変更が加えられました。中でも特にブーマーは…。

多分に宗教的観念を取り入れたこの作品の面白さの一つは価値観の逆転でしょう。人類が多神教信仰であるのに対し、サイロンは一神教。人類の多くがたびたび深酒、痛飲し、医者までもが無節操にタバコをくゆらせる一方で、サイロンはどこか禁欲的で洗練されています。人類の日常食がヌードル(うどんに見える)で、皆が箸を使って食べるところにしても、米国ではエキゾチックに写っていたのではないでしょうか。

振り返ってみるに、陰鬱な展開やバルターの戦犯裁判あたりで中だるみも見られたものの、終盤のたたみかけもあって結構楽しめた作品だったように思います。特に序盤の「誰がテロリストかが解らないが、いつかきっと仕掛けてくるはず」というストーリー運びは格別スリリングでしたし。まあ、絶対的な強さを持つ恐ろしい敵が、次第に他愛もない存在に成り下がっていく様は、スタートレックシリーズのクリンゴンやボーグ、創設者などと同じ。そこは愛嬌ですね。

で、この先は最終回のネタバレ。これから見る人は読まないでおいた方が楽しめることでしょう。

◆◆◆

本作最大の謎、「死んだはずのスターバックは何者なのか?」そして「Dr.バルターのビジョンに現れるナンバー6はどういった存在か?」の答えが最終話にてほのめかされました。結論を言ってしまえば、ともに「天使」だったのでしょう。片や人間の姿を持つも、その自覚のない天使。片や実体は持たず人々にビジョン(白昼夢)を見せて示唆を与える天使。スターバックは自らの役目を終えると忽然と姿を消し、ビジョンのナンバー6とバルターは、いつまでも人類を見守り続けることになります。

以下、記憶を整理するために書いた年代記です。私見も含むので中にはオフィシャルな設定とは食い違いがあるかもしれませんが、そこはご容赦を。

《3,000年前》

人類13部族が惑星コボルを離れる。その際、12の部族は12コロニー星系に、1部族はまったく別の星域の”地球”に移住する。

つまり、3,000年前に人類は宇宙航行の技術を有していたことになる。また、12コロニーと地球の両方に機械人間サイロンが存在したことから、人類がコボルにいたころに作り出したものと推測できる。

《2,000年前》

地球にて、奴隷だったサイロンと人類との戦争の末、双方が全滅し、文明の終焉を迎える。わずかに生き残った5人の人型サイロンは、はるか遠くの12コロニーを目指して宇宙の旅を始める。超光速航行が発明される前だったため、この旅は実に2,000年にも及んだが、彼らは死ぬと自動的に記憶がスペアのクローンボディに転送される”再生”テクノロジーを有していたため命を繋ぐことができた。

もっとも食料の調達や終わりの見えない長旅で正気を保てるかといった問題から、その大半の年月は人工冬眠のような状態にあったのだろう。

《約40年前》

5人の人型サイロンは12コロニーの人類と戦争状態にある機械型サイロンの元に到着する。自らの経験から双方の破滅を予期し憂いた彼らは、再生技術を提供することを条件に機械型サイロンを説得し、人類との間に休戦協定を締結させることに成功する。以来、機械型サイロンは人類の前から忽然と姿を消す。

そもそも人類に独立戦争を挑み、永続的な命に価値を見いだしたことから、ロボット然とした機械型サイロンも人類と同等の知能と感情を持ち合わせていたことが解る。

ただし、地球では2,000年前に人類とサイロンが共に死滅した一方で、12コロニーでは交戦状態にあったということは、地球と12コロニーでは科学技術の発達レベルや方向性に大きな差があったのだろう。

その後5人の人型サイロンはリーダー格の8体の機械型サイロンを自分たちと同様、人間の姿に作り替える。

おそらくそうすることが先々人類と共存する上で有益と考えたのだろう。

だが、人型に改造されたサイロンのジョン(ナンバー1)が反乱を起こし、5人の記憶を操作した上で人間社会に解き放つ。同じく人型となったサイロンの女性工作員も潜り込ませる。

《BATTLESTAR GALACTICA 序章》

休戦協定締結から40年後、突如サイロンが人前に現れ、核兵器で12コロニーを一斉に襲撃。予期せぬ同時多発テロにより瞬く間に大半の同胞の命と故郷を失い、全人口僅か5万人となった人類は、老朽宇宙空母ギャラクティカと戦闘機および民間宇宙船による船団を組み、伝説の星である”地球”を探す旅に出る。

《最終話》

分裂したサイロンの一派と同盟を結んだ人類の船団は、遂に目的の地球(2000年前に滅びた星とは別)の大地に下り立ち、文明を捨てて永住を決意する。無用となった宇宙船は太陽に飲み込ませ、ロボット型のサイロン一族にはサイロン母艦と完全な自由を与えて深宇宙に送り出す。

地球には原始的な人類が生息しており、しかも彼らとの交配が可能(!)であった。かくして人間の父親とサイロンの母親から生まれたヘラが、15万年後の全地球人の共通の先祖「ミトコンドリア・イブ」となった。

そして人類は今、人工知能を備えた使役用ロボットを多数作り出している。彼らもいつしか高い知能と感情を獲得する時がくるのかもしれない。

◆◆◆

なるほど。本作のストーリーは脱出記そのものだし、古代の地球に辿り着いた彼らの信仰がギリシャの神々やキリスト教のモチーフになったであろうというストーリー立ては予想通りだったけど、現代のロボット技術をサイロンの誕生前史に見立てることは考えつきませんでした。

Battlestar Galactica : Complete Series [Blu-ray] [Import]