ダイビングできる水族館

先週末、帰省ついでに福岡の海ノ中道マリンワールドに寄ってみました。知る人ぞ知るスキューバダイビングができる水族館です。私は潜りはしませんでしたが。

パノラマ大水槽にはハンマーヘッドシャークなんかもいて海ではあり得ない魚影の濃さ、密度なわけですが、だからって潜って楽しいかどうかは…。当然ながら人工的な閉鎖空間っぷりといったら恩納村や波左間の生け簀の比ではありませんし。それでも記念ダイブ向けの本数調整なんかに使う人もいるようです。

ああ、水槽内に入ってしまうと自身も展示物になって遠足の園児たちに指を差されて笑われちゃうのか…。

パノラマ大水槽
パノラマ大水槽 こちらはスタッフによる魚解説の1コマ。 シャッタースピードが下がるので、コンデジだとこんな絵になっちゃいますね

飼われている魚の気分が味わいたい人はぜひどうぞ。

ウミウシのガチャガチャをリクエストしよう

いわゆるガチャガチャの奇抜なラインナップで名をはせている奇譚クラブがWebサイトで新作フィギュアのリクエストを受け付けています。 もちろん選択肢には「水中生物ーウミウシ 第2段」も含まれ、しかも具体的な種類を書き込める入力フィールドがあります。

てなわけでウミウシ好きのダイバー各位はアンケートが締め切られる前にリクエストしましょう。ウミウシへのリクエストが多ければ、第2段、第3段も早く投入されると思うので。 ちなみに私ならこんな感じかな。

  • ウデフリツノザヤウミウシ
  • シンデレラウミウシ
  • シロタエイロウミウシ
  • ミゾレウミウシ
  • アンナウミウシ
  • シモフリカメサンウミウシ
  • アカフチリュウグウウミウシ
  • インターネットウミウシ
  • ボブサンウミウシ
  • ヒラムシ

ウミウシじゃないのも混ざっているけど。それ以外は全部ドーリスですね。

ウミウシ 第1段
第1段

夢のスクリュー

昨夜、テレビ東京のWBSを見ていたら、こちらの画期的な攪拌機が紹介されていました。

至ってシンプルな構造ですが、従来のプロペラによる攪拌機よりも安定性が良く、かつパワーの伝達効率が良いのだそうで。そのため非常に強い包括的な特許が取れたそうな。素晴らしい発明品です。

で、番組を見て思ったのは「船の推進力に転用できないか?」ということ。攪拌機は下から液体を吸い上げて横から噴出しているので、これを逆にできれば船の燃費がもっと上がるのではないかと。

昨今、原油価格の高騰によって飛行機の燃油サーチャージが高止まりしています。ダイビングボートについても同様です。この先、各ショップが企業努力では値上がり分を吸収できない時代がきっときますよね。飛行機代が上がり、ダイビング代も上がるようでは踏んだり蹴ったり。結果、「ダイビングって高いよね…」と潜水離れが起きて業界が萎みかねません。漁師さんにしても燃料費は死活問題でしょう。

こういう技術を使うことで、せめて船の燃費が良くなってくれれば…。

ガチャガチャの新作はまさかのフジツボ!

昨日のお昼、ふと胸騒ぎがして東急ハンズの池袋店に寄ってみたところ、ありましたガチャガチャの新作が。

フジツボのガチャガチャ

今度は何とフジツボですか。辰年にタツノオトシゴはともかく、こないだのウミウシ以上にマニアック。その内、牡蛎とかヒザラガイといった貝類なんかも出るかも。フィギュアのネタには地味すぎるけど…。

で、さっそく2個購入。出てきたのはこちら。
カメノテとチシマフジツボ
奥がカメノテ、白いアポロチョコ風のがチシマフジツボ(2個セット)

フジツボは種類によっては食用になるようですし、どうやらカメノテも美味しいらしいです。私はまだ食べたことがないけど。

それからこのフィギュアを監修した倉谷うららさん(↓)、何者かちょっと気になります。頭にかぶっているのは「フジツ帽」だそうな。

スーパーボウルへの険しい道のり

SuperBowl-46近年、私の誕生日に合わせてスーパーボウルが開かれることが多くなりました。何となく嬉しいです。

私はあらゆる球技の中ではアメリカンフットボールが一番面白いと思っています。野球以上に緻密なセットプレーの連続と一発大逆転の妙味、サッカーのような突然の攻守交代、ラグビーよりも激しいフィジカルコンタクト。これらのすべてが盛り込まれているので。しかもスーパーヘビー級のプロレスラー並の大男揃い。その一方で先進的でもあります。テレビ中継ではファーストダウンの目安となるバーチャルな線が合成表示されますし、ヘッドコーチがクオーターバックにトランシーバーで指示を出すのですよね。

というわけで私も毎年スーパーボウルを楽しみにしています。今朝はよほど午前休にしようかと思ったものの、月曜の朝には定例会があるので、まあ録画でもいいかと。

でも、日中うっかり結果を見てしまわないように気をつけないと。私は勝敗やスコアを知っててもゲームを楽しめる方ですが、どうせなら何も知らされずに観戦したいところです。

ただし、仕事を終えて帰宅するまでにはあちこちにトラップが。まず、報道系のWebサイトにアクセスしたら結果が出ていたりしますし、メーラーにはNFL Japanからのメール、Facebookのニュースフィードにも何かしらニュースが流れてきているはずです。もちろんiPadのNFLオフィシャルアプリは絶対に起動できません。幸い、iPhoneのMMSに試合結果を送り付けてくる知人はいませんけど。それやられると待機画面に表示されちゃいますからね。

ほんでもって帰宅の電車移動用に「小島慶子キラ★キラ」や「荒川強啓デイキャッチ!」のPodcastをダウンロードして聴くと、そこで何かしら触れられているかも。月曜日は生島純さんや永谷修さんが出てるので。

加えて山手線の車内モニタやYAMADA電気の電飾看板にニュースが流れかねないので観ないようにしないと。

というわけで頑張って何とか情報を遮断したまた家に辿り着くことができました。これから4時間、年に一度の楽しい時間を堪能します。