ドラム式洗濯機の不具合を解消してみた

昨日、自宅のドラム式洗濯機(日立製ビッグドラムスリム)が不具合を起こしたけど、なんとか自力で解消させました。

一昨夜、洗濯機をセットして就寝。朝起きて確認したらすすぎの途中で止まった状態。液晶表示のエラーコードは「C02」で、取説によると排水口の詰まりだそうな。

故障ではなかったと安堵したのも束の間。排水口から糸くずなどを取り除こうと思ったものの、洗濯機置き場はこの通りピッタリ収まっていて、排水口本体の真下です。

HITACHI ビッグドラム スリム

自身の腕の太さを恨みつつも何とか本体左側から片手を突っ込んで排水口に手が届き、パイプを抜くことには成功したものの、当然ながら排水口内は確認できません。

よってAmazonでこちらのジャッキを買おうかと思ったものの躊躇われました。耐荷重は500kgで十分だけど、上手く使えるか分からないので。

そうしてしばし悩んだ末、ひらめきました。「詰まったなら溶かせばいいのでは?」と。洗濯機から排出される詰まりものなんて、糸クズと服に着いた小さなゴミの類いだろうから。

以前買ったパイプクリーナーがあったので左手で手探りしながら洗浄液を排水口に流し込んでしばらく放置。

そろそろいいかなというタイミングで排水口にパイプを再接続して洗濯機の脱水を試みたら無事機能しました。

でも、ならばと洗濯のフルコースを試みたら、やはり「C02」が出ます。これは業者を呼ぶしかないかと思い、ならば少々きれいにしとこうと乾燥フィルタと糸くずフィルタを掃除し、試しにまた洗濯をしてみたら、無事終了。

ひょっとしたら、糸くずフィルタだけの掃除でもよかったかもしれないけど、真相はわかりません。

ともかく、直ってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください