iMacを捨てないと

先日、こちらのチラシが自宅のドアの郵便受けに入っていました。

廃品無料回収のチラシ

「壊れていても大丈夫」だそうな。無料回収品目はこちら。

廃品無料回収の対応品目

そんなわけでiMacを捨てることにしました。1年前にGPUが故障して満足に使えなくなり、修理には中古の上位モデルを買う以上の費用がかかりそうだったので、いい捨て方を探していたのですよね。普通だと有料なはずだし。

よって渡りに船。すでにHDD(1TB)は抜いてあったので、箱詰めしてチラシを貼って回収してもらいました。

無料回収してもらったiMacなど
iMacの箱の後ろの黒い物体は液晶テレビ

ついでに32インチの液晶テレビも一緒に。業者の人は見つけた時に嬉しくなったかもしれないけど、アナログなので放送は写りません。それでもAmazonのFire TV StickやGoogleのChromecastを使えば専用機にはなるけど。

この手の業者、動くものは再販、動かないものは部品取りやリサイクルに回すのでしょうね。どうにもならないものが真っ当に廃棄されているかは解らないけど、その点を信じるならいいサービスです。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください