ONE PIECE 91巻

ONE PIECE 91巻が発売されてしばらく経ったので雑感を少々。週刊少年ジャンプの連載は読んでないので、すでに違っていることはあるかもしれません。

ONE PIECE 91巻の表紙

ルフィらがワノ国に入国したことで、前巻途中までのレヴェリーの流れは完全にお預けになってしまいました。

ワノ国編はきっとルフィ側がカイドウ達をぶっ飛ばして終わるのだろうから、革命軍が暗躍して、かつ海軍の総戦力とサイファーポールを相手に大立ち回りを繰り広げるであろうレヴェリー編の方が私は気になるのだけど、一年ぐらい待たされるのかな。ONE PIECE、バトルシーンが始まると話が進まなくなるんだよな。

以下気づいたことを簡単に。

タコはどうなった?

ワノ国に漂着前のサニー号に乗り込んでいた妙に懐っこいねじり鉢巻のタコ、その後は出てこなかったけど、わざわざ登場させたからには何か意図があるはず。予想がつかないけど。

酒呑丸はアシュラ童子?

あのジャックと堂々と張り合い、カイドウにも一目置かれている盗賊の酒呑丸。名前からして光月おでんの配下だったアシュラ童子の20年後の姿かな。

日和も生きてるんじゃないの?

トキトキの能力で5人を20年後の未来に飛ばしたモモの助の母は、あの時代で果てる覚悟のような描写があったけど、作中わざわざモモの助の妹の日和に言及したってことは、やぱり未来に別送されて生きているのではないかと。で、お玉がそうなんじゃないかな。モモの助たちよりも5年前ぐらいに送られて天狗に育てられたとか。

カイドウの能力は?

ラストシーンでカイドウが巨大な龍の姿で現れました。ゾオン系幻獣種かな。「百獣のカイドウ」と呼ばれ、SMILで不完全ながら配下にゾオン系能力者を増やしていたことから、自らもゾオン系だろうと予想されていたけど、その通りでした。

でも、龍の姿の能力者としてはモモの助が登場済み。能力は重ならないはずだから同じ龍でも別モデルなのかな。もしくはモモの助が食ったのがベガパンクの手による特別製とか?

お玉の能力はかなり強力

きびだんごで動物を従えてしまうお玉の能力は、まさかカイドウやジャックにも有効ってことはないと思うけど、少なくともSMILには効果があるので、今のワノ国ではかなり有効。なるほどストーリー展開に必要な能力者として登場させているわけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください