タラサダイブリゾートレンベ

今回、レンベで使ったのはThalassa Dive Resort Rembeh(タラサダイブリゾートレンベ。ただし、まだレンべのぺージはないようで)。オープンして1ヶ月の真新しいレストラン&宿泊一体型ダイビングサービスです。今年のマリンダイビングフェアでリーフレット(日本語)を貰ってから、ちょっと気に掛かっていたので、オープンしたと聞いて行くことにしました。

タラサダイブリゾートレンベの広告
特典のマッサージとボトルはもらいそこねました

到着を出迎えてくれたのはケイスさんとアニカさんのご夫妻(写真はこちら)。二人とも190cm級の長身です。さすがは平均身長が世界最高のオランダ人ですね。

同時期に居合わせて一緒に潜ったゲストはスペイン人の男性シニアチーム5人とやはりオランダ人のシニアご夫妻。そう、ここは欧米人がメインターゲットのリゾートのようです。まあ、インドネシアでは他もだいたいそうだけど。

ちなみにタラサダイブリゾートにはSatokaさんという日本人スタッフもいるらしいけど、お会いできませんでした。他の業務でもってマナドの方から動けなかったようです。もっとも私は英会話は堪能ではないもののダイビングリゾートや空港では特に不自由しないので構わないけど。結局、この旅では、ジャカルタから先では一人の日本人にも会いませんでした。

なお、リゾートを予約する際、Webサイトの入力フォームから英語で問い合わせ、「I’m a Japanese.」と書き添えていたら、以後は日本語によるメールのやり取りとなりました。そんなわけで英語はからっきしという日本人でも、飛行機を乗り継いでマナドのサムラトゥランギ空港まで行かれる人であれば使っても大丈夫かと。現地ではSatokaさんが何かとサポートしてくれると思うので。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください