激辛グルメ祭2017

毎年楽しみしている激辛グルメ祭、今年は以下の食べました。

FONDA DE LA MADRUGADAのプンタスメヒカーナス
バーンリムパーのパッタイ
クンヤーのラープガイ
BANH XEO SAIGONのレッドホットバインセオ
スペインクラブの情熱の激辛パエリア

で、感想は「もう飽きた」かな。なんというか、このイベントも5年目で開催期間も長くなり、出店数も増えた一方、辛さ追求で旨さが足りない料理が増えてきた気がします。5品しか試していないから断言はできないけど。

この中でしっかり旨味を残していたのはFONDA DE LA MADRUGADAのプンタスメヒカーナスぐらいだったかと。辛さはなかったけど。そう、辛さが増すと旨味が殺されがちなのですよね。ただただ辛いものではなく、旨くて辛いものが食べたいものです。

個人的には激辛な料理よりも普通の料理に甘辛なサンバルソースをかけて食べた方が楽しめると思っています。カレーにしてもCoCo壱番屋の10辛より日野屋の甘いカレーにカイエンペッパーやハバネロの粉を適量振って食べた方が美味いと。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください