待望の水中リングライトが登場

Fisheyeが水中リングライトを発表しました。

Fisheyeのリングライト RL1000

公開されている仕様は以下の通り。

近日正式発表予定【マクロ派向けの革命的リングライト!】

製品名:Fisheye RL1000
価格:¥34,800(税別)
発売予定:4月

●M67(67mm径)マウントであればほとんどのポートに取り付けが可能。
●明るさ1000ルーメン~25%ずつ4段階調光。
※別売の純正M52-67ステップアップリングを使用すれば、オリンパスTG3/4用の防水ケース「PT056」などM52マウントでもご使用いただけます。
●電源は単4乾電池x3本、又はFIX NEO mini用のリチャージアブルLi-ionバッテリーと共用化。
●バッテリーボックスはダブルOリング仕様
●バッテリーの残電量は内蔵のLEDランプにて色分けして表示。

※未発表・未発売につき上記の仕様は変更の場合があります。

こういうのを待っていたのですよね。私は数mm大の被写体に接近して撮ることが多いけど、ターゲットライトやストロボだとレンズポートや周囲の障害物に遮られて光をしっかり当てることが難しいこともあるから。最大1000ルーメンという明るさも十分すぎるくらい。私はFIX NEO miniも使っているのでバッテリーが共通なのもありがたいです。

ただし以下の点は気になります。

  1. M67マウントに装着する方式は?
  2. 照射可能時間は?
  3. 水中重量は?
  4. リチャージアブルLi-ionバッテリーは付属するの?

1.は、ねじ込む方式だと厄介。ポートに押し付けてロックで固定する感じなら歓迎です。私は被写体に合わせてスーパーマクロレンズを使うこともあるので、水中で簡単に脱着できると嬉しいなと。まあ、さすがにねじ込みはないかな。それだとON・OFFスイッチ付きの電池ボックスが上にくるとは限らなそうだから。

3.は、ずっしりくる感じならまたフロートを足す必要が出てくるので。

まあ、これらは4月7日からのマリンダイビングフェアで問い合わせできるでしょう。

それに発売が4月ってことは、今年の伊豆のダンゴウオ幼魚シーズンには間に合わなそうなので、すぐには買わないかもしれないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください