ONE PIECE 84巻の考察

発売後一週間が経過したのでONE PIECE 84巻の考察でも。連載は読んでいないので解釈が外れている場合はご容赦を。

ONE PIECE 84巻

サンジの出自

サンジはジェルマ66の科学技術によるデザイナーベイビー、優性人類でした。「多生児」って言葉が使われているので同じ日に生まれた兄弟は4人だけではないのかも。

ともかく落ちこぼれとされたサンジだけ眉毛のぐるぐるの向きが違うけど、それが分かれ目でしょうか。

ただし今ではサンジもヨンジをねじ伏せるだけの力を獲得しているので単に遅咲きだったのかも。

ヴィンスモーク兄弟のカラー

モノクロページでは解らないからイチジ、ニジ、ヨンジも金髪かと思ってたけど、84巻の表紙を見るとそれぞれ赤、青、緑でしたね。

レイジュが真っピンクの出で立ちで毒好きの「ポイズンピンク」。「デンゲキブルー」のニジは電撃技を使っていたので、イチジとヨンジにも「スパーキングレッド」「ウインチグリーン」にふさわしい能力が与えられているのでしょう。

サンジの色はイエローだったのかな。

外骨格って?

ヴィンスモーク兄弟の「外骨格」という設定も気になります。一般的な外骨格とは昆虫やカニのように脊椎を持たない生き物の体表の硬い組織を指すのだけど、彼らはどうみても生身なので違う意味でしょう。六式の鉄塊みたいなものかな。サンジは月歩も使えるのだし。

クローン軍団

ジェルマ66は人間のクローン技術を有していました。スターウォーズのトゥルーパーみたいに純粋な兵士として増産が可能です。

ならば海軍下のパシフィスタ軍団もベガパンクの技術で生み出されたのでしょう。

GERMA 66

ジェルマのスペルはGERMA、クローン培養カプセルの装置に書かれていました。朝食のシーンの部屋の内装、優性人間…、なるほどナチスドイツがモチーフですね。GERMAN→GERMA。

ルフィの歯が欠けた

サンジの攻撃を受けてルフィの歯が一本欠けてしまいました。無抵抗だったとはいえ覇気も使えるサンジが相手だと無事では堪えきれないってところでしょうか。

破断したローラの政略結婚

前後のビッグマムの反応からして巨人族がらみでしょうかね。

ゼウスとプロメテウス

82巻の最終ページを見返してみたら、それらしい雲と太陽が登場していましたね。

ビッグマムと玉手箱

どうやら結婚式の佳境で爆発しそうな気配です。爆弾でビッグマムが爆死するとは思えないけど、大打撃を受けることでしょう。

もし気絶すれば魂を入れられた無生物や擬人化した動植物も元に戻るのか。

いや、その前にソウルキング・ブルックがビッグマムのソルソルの能力を無力化するのかも。

結婚式の行方

ジェルマはサンジが倒すでしょうね。ビッグマムはルフィが倒すのかな。

ひょっとしたらビッグマムもまた麦わら海賊団の傘下に入るのかも。もちろんサンジの腕輪もジンベエの件も解決ですね。ルフィはビッグマムと入れ違いで四皇の一角に食い込むとか?

ほんでもって開国派の侍やマルコらを加えていよいよカイドウとワの国の体制派らとの大激戦になだれ込むとか。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください