千姫

センヒメウミウシ。

センヒメウミウシ

千姫といえば豊富秀頼の妃で徳川秀忠の娘。真田丸の最終回では、きりの案内で徳川陣営に送られていましたね。道中、きりは死を覚悟しながら騎馬で家康に向かっていく幸村を見送るという切ないシーンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください