バリでのトランジット

早いものでアンボンから帰国してから一月以上経ってしまいました。忘れないうちに書いておかないと。

かつてガルーダ・インドネシア航空でインドネシアに行った際は飛行機内で入国審査が完了すると聞いたことがあったけど、もうとっくにそんな特典はなくなってたみたいですね。15年前の9.11テロとかで規定が変わったのでしょうか。機内でそれっぽい案内もないままバリのングラ・ライ国際空港に到着し、人の流れについてい移動すると入国審査ゲートに。いたって普通の手順で入国しました。

バリ、ングラライ空港
バリのングラライ空港の屋根が特徴的な内装
ただしジャカルタへのトランジット手順がわからなかったので係員に訊ねると、まずは荷物を受けとれとのこと。同じガルーダ・インドネシア航空を使っても、トランジット先のジャカルタ便に荷物を受け渡してはくれないようです。

到着フロアを出ると、インドネシアで恒例の「Taxi?」の攻勢が待っていました。私が「トランジットだ」というと「ドメスティック・ターミナル遠い。Taxi?」と。でも怪しいと思ったのとルピアの手持ちがなかったので振り切って歩いていくことにしました。

国内線のターミナルは到着フロアの出口から外に向かって左側の方向です。スーツケースを引きながら車道の脇道を歩くこと数分、無事到着。思った通り、まったく歩けない距離じゃないですね。

ただし小雨が降っていたので濡れないためにはタクシー利用もいいかもしれません。でも無料送迎シャトルはないのかな?

ターミナルの母屋に続く通路にはSIM屋さんがあるので、現地SIMを使いたいならここで買うと良いでしょう。

そんなわけで約20年ぶりにバリに行ったけど、何ら昔の面影なし。建て替えられたのかな。国内線ターミナルはこぢんまりしているので迷うことはないですね。出発ゲート付近にはベンチだけでなく座敷(さすがに畳ではないけど)みたいなエリアもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください