アンボンへは自己手配で

アンボン行きはフィリピン滞在中に決めたので取れる支払い方法が限られていました。

2年前は前払い分のダイビング及び宿泊費をインドネシアの銀行宛に送金するべく、わざわざ有楽町のBNI銀行に出向いて手続きしたけど、今回はそれができません。

有楽町のBNI銀行の外観
今回はBNI銀行有楽町支店に出向くことができませんでした

Uツアーに頼めばツアーを組んでくれるし各種手配の面倒も無くなるけど、確認事項があれば伝言ゲームみたいになるのでマルクダイバーズに直接問い合わせてみました。申込金をカードかPayPal、もしくは到着後に払えないかと。するとカード(VISA or Master)でOK(+3%の税がかかるけど)との返事。ならば即決です。前回もそうすればよかった。

あとは以下のような忙しいスケジュール進行になりました。

09/29:

  • フィリピンからの帰国便変更手続き
  • アンボンでのダイビング&宿泊の予約

09/30:

  • ファンダイビング
  • アンボン行きの航空券購入

10/01:

  • フィリピンから帰国

10/02:

  • コンタクトレンズ調達など

10/03:

  • インドネシアへ出発

インドネシア行きの航空券が買えたのは出発の3日前でした。閑散期でよかった。

さて、少々強引に敢行した旅でお目当てのサイケデリカ(アンボンカエルアンコア)が見られたかというと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください