ハウジングが水没!?

マクタン島でのダイビング2日目の3ダイブ目、エントリ直後に私の水中カメラハウジングのリークセンサーが赤く点灯しました。

急いでボートに上がり、ドキドキで開けてみたところカメラは無事。というか水が侵入した形跡は全くありません。ともかく一安心。でも不吉だしゲストは私一人だったのでその日のダイブは切り上げました。

リークセンサーが点灯したNauticamのハウジング
リークセンサーが点灯したNauticamのハウジング

まあでもその日の2ダイブ無事だったってことは、3ダイブ目に水没なんて考えにくいところ。私のハウジングはアルミの削り出しなので、ちょっとやそっとで噛み合わせが悪くなることなんてありません。これがコンデジ用やオリンパス純正の樹脂製ハウジングなら変形もありうると聞くけど。

ならば考えられる原因は電池切れのサインかリークセンサーの故障でしょうか。本当に水没していたならブザーも鳴っていたはずだし。まあ5年半、300ダイブ強で使って一度も電池交換していなかったので潮時かも。

電池交換も必要だけど、そろそろ稼働パーツ周りにガタがきているかもしれないので近々オーバーホールに出すことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください