Myカモネギコレクション

私はカモネギをGetしたら博士に送らずキープすることにしています。現在9羽。

Myカモネギコレクション

ポケモンボックスを圧迫するのになぜそうしているかというと、将来トレード機能が提供されたら欧米や豪州のトレーナーと交換するため。

確か地域限定は以下の通りだったかと。

  • アジア:カモネギ(Farfetch’d)
  • オーストラリア:ガルーラ(Kangaskhan)
  • ヨーロッパ:バリヤード(Mr. Mime)
  • アメリカ:ケンタロス(Tauros)

なるほどカモネギがアジアっぽいかはともかく、他はそれぞれカンガルー、パントマイマー、バッファローをモチーフにしたポケモンなので、その地域を象徴しています。

いや、自分で各地域に出向ければいいのだけど、そんな時間もお金もないし、そもそも日本以外の街中で意中のポケモンを探して歩くのは不安です。良からぬ連中にしてみれば無防備にスマホを見てばかりの東洋人はかっこうのカモに見えるだろうし。

まあ、ガルーラ、バリヤード、ケンタロスと交換するカモネギは3羽あればいいのだけど、そこはほら、カモネギが欲しくて来日するポケモントレーナーは一人じゃないだろうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください