進化前のポケモンを育てる意味はあるか?

以前、CP128のコイキングを進化させたらCP1586のギャラドスに、CP200のコイキングがCP2092のギャラドスになりました。

更にCP205のコイキングで試したらCP2158のギャラドスに。概ねCPが10倍強に跳ね上がるようです。

コイキング(CP205)の→ギャラドス(2158)

だったら進化前の個体を十分強化した上で進化させたら効果的に思えるけど、それはどうでしょうかね。

例えばこちら。あるミニリュウを立て続けにハクリュー、カイリューに進化させたもの。

ミニリュウ→ハクリュー→カイリューの進化

2段階進化だけあってCPの伸びは3.6倍もあります。

ただし注目なのは強化ゲージが変わっていないこと。そしてミニリュウの頃は強化してもたいしてCPは増えないけどカイリューとなると1度に50ぐらい増えます。ということは、どの段階で強化しても結果は変わらないのではないかと。ポケモンGOはリセットしてセーブポイントからやり直すってことはできないので、詳細はわからないけど。

でも、いきなり大きなCP値を持った個体に進化すると嬉しかったりするけど。

とは言えコイキングの場合、どの個体も攻撃力は0の「はねる」と15の「わるあがき」。ギャラドスに進化させてみないと、どんな技を持っているかが解りません。だったら小細工せずに進化させてから、目ぼしい個体を強化していった方が効率的でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください