iPhone 7、買うべきか

朝起きたらiPhone 7シリーズが発表されていました。でもさすがにもう話題性が乏しいですね。

ざっと見た感じ、変わったのはこれぐらいかな。

  • 新色のジェットブラックを追加
  • プロセッサーがアップグレード
  • 防水性の向上
  • カメラ性能の向上(Plusは光学2倍ズーム)
  • イヤホンジャックの廃止(Lightning変換プラグ同梱)
  • Suica対応(FeliCa全般?)
  • メモリ容量の増強(32GB〜)

さて、欲しいようなそうでもないような。ちなみにPlusの価格は8,5800円〜(新色のジェットブラックのみ128GB〜)。

iPhone 7 Plusの価格

 

で、私が最も心引かれるのはメモリ容量だったりします。今の16GBでは心許なくなってきたので。

iPhone 6 Plusを壊れるまで使おうかと思っていたけど、ここで買い替えてもいいかな。SuicaやQuickPayにも対応したことだし、防水性の向上も頼もしい限り。今後水没して修理か買い替えになる可能性も否定できないし、予定外になるけど買い替えましょうかね。SuicaをTouch IDでチャージできるのはとても便利です。

SuicaやPasmo、オートチャージにしておくと定期券の期限切れ後も気付かずに日々の乗車賃を延々と払い続けてしまう可能性があるので、手動チャージが基本です。

そこで下取り価格をチェックしたところiPhone 6 Plusの完動品なら30,000円だそうな。

iPhone 6 Plus(16GB)の下取り価格

差額5,5800円。税込みだと60,260円。金利0%の12回払いで月々5,022円。飲み会を月1回パスしたら買える感じです。

でも、下取りってどういう手順になるんだろう。下取りのApple Storeギフトカードは注文する前に貰わないと意味がないけど、手持ちのiPhone本体を下取りに出したら新機種の到着までしばらくiPhoneなし生活になってしまいます。その点はよくよく調べとかないとな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください