エンペラー

8/26日(金)、スーパー!ドラマTVで新スタートレック第149話「クリンゴン神カーレスの復活」が放送されました。

1,000年以上前にクリンゴン帝国の礎を築き、宗教的、道徳的な規範を残して神格視されている偉人カーレスが僧達の祈りに応えて現代に蘇ります。遺伝子検査でも本人そのものとのこと。それにより民心が始祖カーレス派と現政権派に二分されてしまいます。

新スタートレックのカーレス

ただし彼の正体はカーレスのクローンであることが判明。つまり復活ではなく再現だったわけですが、それでもカーレスはカーレス。結局、政治には介入しない民族象徴の皇帝の座に就くことになりました。まるで日本の天皇みたいに。英語では皇帝も天皇もEmperorだし。

そしてその夜、朝まで生テレビのテーマは「象徴天皇と“生前退位”」。先日の天皇陛下のビデオメッセージを受けての討論でした。

私はまだどうあるのが望ましいか迷っているものの、大半の国民と同様、退位の道は早急に作って差し上げるべきだと思っています。陛下のおっしゃる通り摂政よりも譲位が良かろうと。

他方で今の男系に限られる天皇制には脆弱性も否定できません。考えたくはないけど悠仁様が不慮の事故に遭われたり難病に臥す可能性もなくはないので。あるいは不妊の要因をお持ちであるとか。

とはいえ万が一天皇制の継続が危うくなっても、カーレスと違ってクローン(例えそこまで科学技術が発展したとしても)で血脈を繋いでいただくわけにはいきませんよね。

ならば女系を認めれば解決しそうだけど、どこかしら抵抗感もあります。今さらながら愛子様に「もしものときは女性天皇になってください」というのも。愛子様のご結婚やお子様を持たれる歳にも物議を醸しそうだし。

いくつかの案に絞られれば最後は国民投票に掛けるのが妥当だと思うけど、果たしてそこまでこぎ着けられるやら。結局は退位の道筋だけつけて悠仁様お一人に未来を託すことになるんじゃなかろうか。

こちらも読まれています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください