ロジテックは微妙

関連エントリ:ロジテック製品は散々な出来栄え

iMacに繋いでいた外付けHDD(3TB)が故障しました。これには長年の写真データや動画コレクションが入っているので何とかしないと。

現象的にはマウントできない状態です。ただしiMacを再起動するとそのHDDから起動しようとします。よって起動ディスク扱いになってしまったようです。OS標準のディスクユーティリティでも異常なしと出るけどマウント不可。修復できるかは不明なので、とりあえずデータを救出することにしました。

そこで必要に迫られて新たにHDDケースを購入。ロジテックのLGB-2BRHU3です。この製品はUSB3.0接続で2台のHDDを搭載してRAIDを組めます。デザインもすっきりしているし、他社製の同等製品よりもややお安目なので良かろうと。

ロジテック GB-2BRHU3

これに手持ちの2TBと1TBのHDDを搭載し起動。するとなんと2TBと表示されました。あわててマニュアルの細部を読むと2台のHDDは同じ容量で統一する必要があるとのこと。しかも同メーカーの同型番HDD推奨だとか。前からロジテックの製品は設計思想がイマイチだと思っていたけど、今回もそうでした。安いなりの製品が多いようです。

ちなみに私が以前使っていたCenturyの同等品では容量が違うHDDでもRAIDが組めたのですがね。その製品は容量合計2TBが上限だったので引退させたのだけど。

で、しかたなく2TBのHDDを追加購入すべく町田へ。自宅からはチャリで片道1時間ちょっとです。町田はポケモンがたくさん出るので、まあいいでしょう。

そうして2TBを2台の構成で再起動すると今度は4TBと認識されました。ようやく準備完了です。

次の課題はデータ復旧ユーティリティ選びだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください