ポケモンGOに感心してしまった

ポケモンGO、一応まだ続けています。けっこう飽きているのだけど今後の展開が興味深いので。どうやら被災地支援の動きもあるし。もし熊本限定でくまモンコスプレのポケモンが出たりするようなら、それ獲りに行きたくなりますよね。

で、昨日は新百合ヶ丘のビクラムヨガの前にて念願だったカビゴンがようやくゲットできました。さすがに最初から数値が高くてHP200になってます。

ポケモンGOのカビゴン
新百合ヶ丘のビクラムヨガ前で捕獲したカビゴン

そんなポケモンGOですが、非常に感心したことがあります。それはバトルで傷ついたポケモンを回復させる薬を売っていないことです。

実は私は先日までポケモン集めに熱中していたけど、捕獲ポケモンが100種を超えてからはジムバトルにも積極的に挑むことにしました。小額だけどポケコインも貰えるし。

バトルのルールは挑戦者有利にできているので他陣営のジムを乗っ取るのはさほど難しくないものの、戦ったポケモンを回復させる薬を得るにはポケストップを巡るしかありません。よって強いポケモンを擁する上級トレーナーであっても薬のストックが切れれば更なるバトルに挑めないわけです。よく考えられていますね。もしショップで買えるなら課金を厭わないヘビーユーザーがジムバトルで圧倒的に有利になってしまうもんな。これが浅ましい国内ゲームメーカーなら強化アイテムを買えるようにしてしまうところでしょうね。

それと、ここに来てGPS情報を偽装するなどのチート行為をしていたアカウントは永久的に締め出されたそうな。いい取り組みですね。最初からやってたらもっと良かったけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください