バスティアノスダイブリゾートのお部屋

レンベ島のバスティアノスダイブリゾートには3種類の部屋があります。

  • スーペリアルーム(エアコン)
  • スタンダードルーム(ファン)
  • バジェットルーム(ファン)

私が泊まったのはスーペリアルーム。理由はエアコンがあったから。毎日16℃の設定で寝ていました。そうしないと室温が上がってしまうから。

そのスーペリアルームの内の3部屋は海辺に建てられており、満潮時は水上コテージのようになって波が打ち寄せる心地の良い音も聞こえます。

バスティアノスダイブリゾートのバルコニー
バルコニーは海の上。潮風に吹かれながら…ってのは難しいですね。蚊に食われるから
バスティアノスダイブリゾートのベッド
ベッドには蚊帳がついています
バスティアノスダイブリゾートの机
至ってシンプルな収納と机。飲み水のペットボトルが毎日補充されます
バスティアノスダイブリゾートのバスルーム
バスルームもシンプル。ボディソープが備え付けられています

部屋に冷蔵庫やセーフティボックスはありません。

バスルームにはボディーソープがあるものの、シャンプーやコンディショナー、歯ブラシ、ヘアドライヤーはないので、必要なものは持っていきましょう。

なお、スタンダードルームとバジェットルームは斜面を少し登ったところにあります。どちらもエアコンはなく、扇風機がついているようです。エアコンが苦手な人にはいいでしょう。当然ながらバジェットルームの方が質素な作りのはずです。

海辺のスーペリアルームの難点は、レストランまで遠いこと。レストランは4階ぐらいの高さの場所にあり、食事時はもちろんちょっとコーヒーを飲みたい場合でも階段を上って行く必要があります。

逆に便利だったのは、ダイビングセンターに近かったこと。重たいカメラセットを持って行き来するには便利です。

なお、バスティアノスダイブリゾートのダイビングセンターには、しっかりしたカメラルームもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください