レンベツアーの必需品

今回レンベに行った際に不便だったのがOutlet、日本語で言うところのコンセントです。

インドネシアはSECタイプを採用しているので私も万能の変換器を持って行ったのですが、現地でよく見かけたのはソケットタイプのコンセント。

インドネシアでよく見かけるSEタイプのコンセントソケット
インドネシアでよく見かけるSEタイプのコンセントソケット

このようにプラグを差し込む箇所が奥まっているので、私の大振りな変換プラグでは端子が届かず挿せませんでした。

それでもリゾートでは中継プラグを借りられたので問題なかったけど、帰りのサムラトゥランギ空港のスマホ充電ステーションもすべてこのタイプでした。

サムラトゥランギ空港で見かけた充電ステーション
サムラトゥランギ空港の充電ステーション。これが何箇所にも設置されているのだけど、すべて同じソケットタイプだったので…

マナド⇄シンガポールの航空機座席に機内エンタメのモニターはないので暇つぶしにスマホをフル活用すべく充電しておきたかったのにできませんでした。

よってレンベ、というかインドネシアに行く際には世界中のコンセントに対応できる万能タイプよりも、こちらのようにソケットの穴にすっぽり収まる小さな変換プラグを持っていった方がいいでしょう。

まあ充電するのがスマホだけならモバイルバッテリーを持っていけばいいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください