レンベ行きにビザは必要?

3年前の7月にインドネシアのレンベに行った際は到着ビザ代の現金$25が必要だったけど、ちょうど1年後には$35に値上げされました。

でも、その年の11月にはインドネシア政府が日・中・韓・豪・露の5カ国に対して観光ビザを免除すると発表。2015年6月には対象を30カ国に広げたとも聞きます。

その一方で、ビザ免除になったのはスカルノ・ハッタ空港(ジャカルタ)やングラライ空港(バリ・デンパサール)を始めとするいくつかの主要空港のみで、その他のローカル空港では相変わらず必要とも読んだことがあります。Webの弱点で情報の新旧が解りづらいのですよね。

そこで出発前に旅行社に「レンベ最寄りのサム・ラトゥランギ空港(マナド)はどうなのか?」と訊ねたら「最近ビザが不要になったと聞くけど、移行期で怪しいので念のため$35持っていった方がいい」との答え。レンベツアーを扱っている旅行社すら正確な情報を持っていないそうで。さすがは途上国事情だ。

よって成田空港で$35(約4,000円)を換金して持ってきました。不要だったら帰りのチャンギ空港(シンガポール)とかで使えばいいかと。

で、行ってみたらサム・ラトゥランギ空港でも到着ビザは不要になってました。3年前に行ったときは飛行機から降りてイミグレーションに向かう途中に到着ビザ代を支払う場所があったけど、いきなりイミグレーションに辿り着きました。

かつてのインドネシアの到着ビザ
かつてのインドネシアの到着ビザ。この通り、到着ビザのシールがパスポートの1ページ全体に貼られていました
この先、政府の方針が変更されない限り、到着ビザ代を用意していく必要はなさそうです。これで一安心。行くたびにパスポートの1ページを到着ビザで埋められていたら更新前に残ページが無くなりそうだったから。

なお、3年前はマナドから出国する際に必要だった空港使用料100,000ルピア(約1,000円)も航空券の代金に含まれることになったらしく不要でした。

よってダイビングでレンベに行く場合、途中の街のスーパーや帰路に空港のレストランで飲食でもしない限り、インドネシアでは現金はいっさい不要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください